「輝かしい未来」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「輝かしい未来」とは?

「輝かしい未来」という言葉を見たことがあるでしょうか。

成人式のスピーチや、新卒社員を集めたオリエンテーションの場などで、誰かの祝辞に含まれている言葉として、耳にした事がある人がいるかもしれません。

また年初などの新聞に、「輝かしい未来」という文字が躍っているのを、見た人がいるかもしれません。

そんな「輝かしい未来」という言葉の意味や使い方を紹介します。

「輝かしい未来」の意味

「輝かしい未来」には、どのような意味があるでしょうか。

「輝かしい未来」には、「今後の行く末が非常に希望に満ちた様子である事」という意味があります。

これから素晴らしい未来が訪れる事が約束されているような若い人に、「輝かしい未来」が待っているなどという言葉を贈ります。

例えば有名な大学に進学できた若い人は、将来が嘱望されるため、「輝かしい未来」が待っていると思われます。

大手企業の新卒社員にも、「輝かしい未来」が待っていると考えられます。

このように「輝かしい未来」には、今後の行く末がとても希望に満ち溢れているという意味があります。

「輝かしい未来」の言葉の使い方

「輝かしい未来」という言葉は、どのような場面で、どのように使えばいいでしょうか。

希望に満ち溢れた将来が待っていると、一般的に考えられるような人に対して、お祝い的な意味で「輝かしい未来」という言葉を使ってみましょう。

例えば一流の学校に進んだばかりの生徒に、一流企業の内定を得た学生には、「輝かしい未来」という言葉がぴったりくるでしょう。

また人気アイドルグループのオーディションに合格した女性、映画の主演を勝ち取った男性などにも、「輝かしい未来」という言葉を贈りたくなります。

将来、オリンピックに出場できそうな、アスリートの卵たちにも、「輝かしい未来」という言葉がふさわしいでしょう。

このように明るい未来が目の前にあるような人たちに、「輝かしい未来」という言葉を使ってみましょう。

「輝かしい未来」を使った例文

「輝かしい未来」という言葉を使った、例文を紹介します。

様々な場面における、「輝かしい未来」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

「輝かしい未来」の例文1

「A君は、まだ中学生だが、140km以上のスピードボールを投げる事ができる野球選手だ。彼には『輝かしい未来』が待っていると、周囲に誰もが思っている」

この例文に登場するA君のように、才能あふれる少年には、誰もが「輝かしい未来」が待っていると思います。

将来、彼に本当に輝かしい未来が来るかどうかは誰にもわかりませんが、期待を持ちたくなるような逸材です。

「輝かしい未来」の例文2

「素敵な彼と結婚した。私には『輝かしい未来』しかないと思っていた。しかし、実際に待っていた未来は、彼の浮気が原因による離婚という、悲しい未来だった」

この例文のように、「輝かしい未来」しか待っていないと思っていた人が、その期待を裏切る結果を嘆く事があります。

未来はまだ作られていないため、絶対に幸せになれる、絶対に成功できるとは誰も言えません。

毎日を充実させて、コツコツと徳を積み上げて行く事が、「輝かしい未来」につながる唯一の道かもしれません。

「輝かしい未来」という花言葉を持つ植物

「輝かしい未来」という花言葉を持つ花があります。

それが「ストレリチア」というゴクラクチョウカ属の花です。

アフリカ原産の暖かい気候が好きな植物で、日本では「極楽鳥花」と呼ばれています。

観葉植物として部屋に置いておく事ができますので、「輝かしい未来」という花言葉を持つ植物を部屋に置いてみてはいかがでしょうか。

5月から10月の間に、素敵な花を咲かせますので、その時期が楽しみになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典