スポンサーリンク

「過去形」と「現在完了形」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「過去形」と「現在完了形」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「過去形」「現在完了形」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「過去形」とは?

「過去形」の意味と概要について紹介します。

「過去形」の意味

「過去形」「かこけい」と読みます。

意味は「比ゆ的に既に終わったこと」「文法で、過去の動作や状態を表す文型」です。

「過去形」の概要

「過去形」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は、「比ゆ的に既に終わったこと」という意味で「過去形で語られるアイドル」などと言います。

2つ目は「文法で、過去の動作や状態を表す文型」という意味で、日本語では「だ、だった」が付きます。

英語では、「単純過去」とも呼ばれ、“I was in Japan.”「私は日本にいました」という、単純に既に終わった事実を述べる意味です。

英語の「過去形」は、一般的に「look-looked」の様に「-ed」が付く単語が多いのですが、動詞が不規則変化する単語も多く、「go-went」「say-said」の様に単語ごとに覚える必要があります。

「現在完了形」とは?

「現在完了形」の意味と概要について紹介します。

「現在完了形」の意味

「現在完了形」「げんざいかんりょうけい」と読みます。

意味は、「英語の文法で、過去にあるものごとが起きて、その状態が今も続いていることを表す文型」です。

「現在完了形」の概要

「現在完了形」は、英語の文法で、過去にあるものごとが起きて、その状態が現在まで続いていることを表す文型を言います。

基本的には「have+動詞の過去分詞形」で表されます。

例えば、上記の例ならば“I have been in Japan.”は、「私は日本にずっといます」という意味で、「過去に日本に来て、今もその状態が続いている」ということになります。

英語の「過去分詞形」「go-went-gone」「take-took-taken」など、不規則変化するものも多く、丸暗記するしかありません。

「過去形」と「現在完了形」の違い!

「過去形」「文法で、過去の動作や状態を表す文型」です。

「現在完了形」「英語の文法で、過去にあるものごとが起きて、その状態が今も続いていることを表す文型」です。

まとめ

今回は「過去形」「現在完了形」の違いをお伝えしました。

「過去形は過去にあったことを表す文型」「現在完了形は過去にあって今も続いていることを表す文型」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典