スポンサーリンク

「遠慮」と「配慮」の違いとは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「遠慮」と「配慮」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、遠慮と配慮の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

遠慮とは?

遠慮とは、相手のことを考えて、行動や言動を慎み控える様を意味しています。

お年寄りが先に利用しているとき、その年長者がゆっくり過ごせるよう若い人は後から使おうと思うその気持ちを遠慮と言い表します。

また、食事に誘ってもらったとき、自分達だけではなく、相手の家族がいた場合、その家族に気を使わせてストレスを与えることがないように誘いを丁寧に断って、家族だけで楽しく食事してもらいたいと思うときのその気持ちを遠慮と表します。

断った方がいいのか、それとも先に使わせてもらった方がいいのか自分でよくそのときの状況を考えて判別し、行動するときに使う言葉です。

自分の方から遠慮する場合もありますが、人にこのような状態であるから遠慮してもらいたいと伝えるときにも使われています。

配慮とは?

配慮とは、人のことを気遣った行動をしたり、気にかけた言葉をかけられることを意味しています。

相手のことをよく見て、その人が立ったままでつらそうと感じたら席を詰めて座れるようにしてあげたり、道幅の狭い道路を運転していたときに前から来た車が横を通り過ぎれるよう幅寄せするのも配慮に当てはまります。

行動を起こす前には目の前の動きを見て、どのように動けば人が快適になるか、ストレスを与えないかと考えて行動することがこの言葉の意味です。

配慮に「ご」を付けたご配慮は、丁寧に相手の配慮を表現する言葉となり「心を配る」「心遣い」との意味を含み、冠婚葬祭やビジネスシーンで丁寧語として使える言葉になります。

遠慮と配慮の違い

遠慮と配慮の違いを、分かりやすく解説します。

他人の誘いに対して、そのときの状況を見て、自分がどう出れば相手に失礼がないかと考えて行動するその行為が遠慮と言います。

一方、相手のことを考えてから行動や言動を選び、いい方向に向かうように考えることを配慮という違いがあります。

遠慮の例文

・満席ですので入室はご遠慮ください。

・ここは禁煙室ですのでタバコはご遠慮ください。

席が一つも空いていない部屋にはすでにお客が大勢いる状態なので、他の部屋へ行ってくださいと頼むとき、丁寧に断る意味で使います。

ここは禁煙室でタバコが吸えない部屋なので、吸わないでくださいと注意するときにも遠慮と使う言葉です。

配慮の例文

・配慮がない行動に怒りが込み上げる。

・先代の考えを配慮して作る。

人に気を使わない行動する人は他人を怒らせ、イライラさせるところがあるので残念だという気持ちを表せる言葉です。

また、先代の考えを汲んだうえで失礼のないように商品を作るときにも使えます。

まとめ

いくら自分が先に到着したとしても、体の不自由な人がいたら優先的にしてあげるのが大人としての遠慮のあり方ですし、カップルがいればいい雰囲気を壊さないようにそこから去るのも配慮です。

状況に応じて何に配慮して、遠慮すればいいのかよく目の前の状況をよく見て、人のことを考えられる行動や言動を選びましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典