スポンサーリンク

「長い」と「永い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「長い」と「永い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「長い」「永い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「長い」とは?

「長い」には、3つの意味があります。

1つめは、隔たりが大きいことです。

「像の鼻が長い」のように空間的な隔たりのことを意味しています。

2つめは、時間的な隔たりが大きいことです。

ある時点を基準にして、そこから別の時点までの隔たりを意味します。

「長い時間会議をしていた」のような使い方をします。

3つめは、のんびりしていること、辛抱強いことです。

「気が長い」のような使い方をします。

「永い」とは?

「永い」「長い」と同じ意味があり、空間的、時間的な隔たりがあることを意味します。

「永」という漢字は、本流から支流が別れる川をかたどっています。

支流がある川は長く、そこから「ながい」を意味します。

「長い」と「永い」の違い

どちらも同じ意味を持っていますが、空間的な隔たりがあるという意味で使用する場合は、一般的には「長い」の漢字を使用します。

のんびりしているという場合も、「長い」を使用することが一般的です。

「永い」は時間的な隔たりがある場合に使用されることがあります。

まとめ

どちらも同じ読み方をして、同じ意味を持っています。

しかし、空間的な隔たりやのんびりしていることには、「長い」の書き方がされることが一般的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典