「開示」と「提示」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「開示」と「提示」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「開示」「提示」の違いを分かりやすく説明していきます。

「開示」とは?

「開示(かいじ)」とは、「はっきりとした形で示すこと・公開して示すこと」を意味している言葉です。

例えば、「私が懲戒処分を受けなければならない理由を開示してください」といった文章で使われます。

「開示」という表現は、「内容を解き明かして示すこと・教えて諭すようにして示すこと」の意味合いも持っています。

例えば、「流派の奥義を師匠が分かりやすく開示してくれました」などの例文で使用することができます。

「提示」とは?

「提示(ていじ)」とは、「書類・書面・身分証などを差し出して示すこと」を意味している言葉です。

「提示」という表現には、「その場に差し出して示す」の意味のニュアンスがあります。

例えば、「学校で宿題のプリントを提示しました」「警察官に免許証を提示しました」といった文章で使われます。

「開示」と「提示」の違い!

「開示」「提示」の違いを、分かりやすく解説します。

「開示」「提示」もどちらも「示すこと・見せること」を意味しているという点では類似していますが、「開示」という言葉は「はっきりとした形で示すこと」「内容を説明しながら(教えながら)示すこと」を意味しています。

「開示」に対して「提示」というのは、「書類・書面などをその場に差し出して見せること」を意味しているという違いがあります。

「開示」の言葉には「今まで明らかになっていなかったものを、はっきりと示す(解き明かして示す)」という意味のニュアンスがありますが、「提示」のほうは書類や身分証などを「物理的にその場に差し出して示す」という意味のニュアンスが強くなっている違いを指摘できます。

まとめ

「開示」「提示」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「開示」とは「公開して示すこと・はっきりと示すこと・解き明かして示すこと」を意味していて、「提示」「差し出して見せること」を意味している違いがあります。

「開示」「提示」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典