「非合理」と「不合理」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「非合理」と「不合理」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「非合理」「不合理」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「非合理」とは?

「非合理(ひごうり)」とは、「論理(道理)・理屈に合っていなくて矛盾していること」を意味している言葉です。

「非合理」という言葉は、「合理的な理性(知性)や論理的な思考によってはとらえきれないこと」といった意味合いも持っています。

「非合理」は、「合理的な理性(精神)・論理的思考を超越している」という哲学用語・学術的文脈で使われやすいのです。

例えば、「非合理的な現象について、どう解釈すべきなのか迷っていました」などの例文で使用することができます。

「不合理」とは?

「不合理(ふごうり)」とは、「論理的・合理的ではなくて、話・考え方に筋が通っていないこと」を意味している言葉です。

「不合理」という表現は、「話・考え方に筋道が通っていないために、矛盾が見られるさま。

つじつまが合わないさま」
を意味しているのです。

「不合理」は、「日常的(非学術的)な文脈・一般的な人間関係や場面」で使われやすいという用法になります。

例えば、「不合理な仕事のやり方には賛成できません」といった文章で使うことができます。

「非合理」と「不合理」の違い!

「非合理」「不合理」の違いを、分かりやすく解説します。

「非合理」「不合理」「論理・道理に合っていなくて矛盾があるさま」という類似した意味を持っていますが、「非合理」「不合理」よりも「哲学的(学術的)な話題・公的な場面・かしこまった文章」で使われやすいという違いがあります。

また「非合理」には「不合理」にない、「合理的知性や論理的思考によっては認識(把握)ができないこと」という哲学用語の意味合いがある違いを指摘できます。

「不合理」「非合理」よりも、「日常的なシチュエーション・一般的な人間関係や話題で使われやすい」という用法の違いがあります。

例えば、「客観科学では非合理的な思考はできるだけ排除すべきとされています」という文章では、学術的な内容の文章であることから、「不合理」よりも「非合理」のほうが適した表現になります。

まとめ

「非合理」「不合理」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「非合理」とは「論理・道理に合っていないさま」「合理的知性・論理的思考では把握できないさまの哲学用語(学術的な内容・文脈で使われやすい言葉)」を意味していて、「不合理」「話・思考に論理的な筋道が通っていないこと」「一般的な人間関係や日常的(非学術的)な文脈で使われやすい言葉」を意味している違いがあります。

「非合理」「不合理」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典