スポンサーリンク

「非情」と「薄情」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「非情」と「薄情」の違い意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

普段の会話でも使用することがある「非情」「薄情」、このふたつの単語は、どちらも誰かに対してひどいという意味で使用します。

どちらも情がなかったり、非人道的だったり、そういったニュアンスで使われる言葉です。

このふたつの単語は字面も意味も似ているように思えますが、実は違った意味をもつ言葉なのです。

この記事では、「非情」「薄情」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「非情」とは?

非情とは、人間らしい感情を持っていないことを意味しています。

他には、つめたいことや、感情に流されないということも意味しています。

類語には、「残酷」「無慈悲」などがあります。

人間とは思えないほどひどいということをあらわしています。

「薄情」とは?

薄情とは、つめたい性格をしていたり、愛情に乏しいことを指します。

親しみや思いやりの気持ちが少ないことを意味しています。

類語には「冷酷」「非人情」などがあります。

冷たかったり、相手に対する情に欠けていたりということをあらわしています。

「非情」と「薄情」の違い

主に、「非情」「薄情」は、程度の軽さが異なっています。

「薄情」は、情や思いやりが少ない、乏しい状態を指しますので、非情よりは比較的軽い意味で使われる言葉です。

単に冷たい人や態度を「薄情者」と軽く言うこともあることから、あまり重い意味と言うよりは、皮肉交じりで使われることもある言葉です。

一方で「非情」は、「薄情」よりも重い意味で使われる言葉です。

人間らしい感情がまったくと言っていいほどない状態を指しますので、情が欠けていたり少なかったりする「薄情」よりもかなり重く厳しい使い方をします。

「非情」の例文

・『人手不足により毎日の残業時間が一人あたり1時間を超えてしまっているにもかかわらず、さらに人員を削減する上司は非情である。』

・『まだ高校生だった私に非情な仕打ちをしてきた父だったが、大人になってから自立できたのは父のおかげだったと、今になって思える。』

・『不運なことに限って続いてしまうことはだれにでも起こりうることだが、自分自身が不幸続きになるとどうしても非情な世界だ、と思ってしまう。』

「薄情」の例文

・『飼っていた犬が亡くなったときですら泣かなかった兄には、薄情だと思わざるを得ない。』

・『あの子は誰に対しても薄情だと思っていたが、友人がいじめられたときは真っ先に立ち向かっていて、内に秘めた優しさのある人だと見直した。』

・『三年間もの月日をともにした彼女だったが、別れるときはあっけなく、長い付き合いが終わったというのにまったく動じず薄情な人だ』

「非情」と「薄情」の違いまとめ

いかがでしたでしょうか?

「非情」「薄情」は、似ているようで違う言葉で、主に重さの違いで使い分けがされていました。

似ている言葉ですが、意味が違うということをわかっていただけたかと思います。

情がまったくないのが「非情」、情や思いやりが欠けているのが「薄情」と覚えておくと間違いないでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典