スポンサーリンク

「食品」と「食品添加物」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「食品」と「食品添加物」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

食品○○、○○性食品など食品表示法に基づいて見る機会も手に取る機会も増えてきました。

この記事では「食品」「食品添加物」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「食品」とは?

食品とは、人が食べる為に直接使用できる、食用可能な状態の物のことを指します。

食物、食料品と呼ばれることが多く普段の生活に馴染みのある言葉です。

「食品添加物」とは?

食品衛生法では、食品の製造過程で、または食品の加工や保存の目的で食品に添加、混和などの方法によって使用するものとされていて添加物の種類は400以上にのぼります。

食品包装に使われる樹脂などを、間接食品添加物として扱う場合もあります。

着色料や保存料などが代表格ですね。

「食品」と「食品添加物」の違い

分かりやすいように、ざっくり言うとそのまま食べられるものが食品。

加工に使われる物が食品添加物といったところです。

まとめ

食品と食品添加物クイズをやってみましたがイマイチ分からない事も多いのが「食品」「食品添加物」の違いでもあり中には分類が曖昧なものもありました。

加工しなくても食べられるものが「食品」、加工に使われる添加物が「食品添加物」と覚えておくと案外理解されやすいですね。

ちょっと、物知りになった気分で豆知識として隠し持っていても面白いネタではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典