「馬主」と「生産者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「馬主」と「生産者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「馬主」「生産者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「馬主」とは?

「馬主」の意味と概要について紹介します。

「馬主」の意味

「馬主」「ばぬし」と読みます。

意味は「競走馬のオーナーのこと」です。

「馬主」の概要

「馬主」は、馬の中でも特に競走馬(サラブレッド)の所有者のことを言い、個人のこともあれば法人や組織のこともあります。

「馬主」は、自分の持ち馬に名前を付けたり、自分が登録している団体が主催するレースに出走させられます。

レースの結果既定の順位内に入れば、賞金を獲得できるのです。

「馬主」になるには審査があり、基準値を満たした資産や収入が必要になります。

また、馬が現役の時だけではなく、引退してからも面倒を見なければならず、馬とのパートナーシップが大切になります。

「生産者」とは?

「生産者」の意味と概要について紹介します。

「生産者」の意味

「生産者」「せいさんしゃ」と読みます。

意味は、競馬用語の場合「牝馬に種付けをして、競走馬を生産する牧場やブリーダー、その牧場のオーナーのこと」です。

「生産者」の概要

「生産者」は、牝馬に種付けして競走馬を生産する牧場、またはその人のことを言います。

新たなサラブレッドを生み出す為に、種付けをする仕事ですが、母馬のオーナーが誰なのかで所有権が変わって来ます。

母馬に別に馬主がいる場合、種付け料は馬主が負担して、産まれた仔馬も「馬主」の所有になります。

「生産者」の所有する母馬であれば、種付け料も「生産者」が負担して、産まれた仔馬はセレクトセールなどに出品され、新たな「馬主」に買われていくことになります。

「馬主」と「生産者」の違い!

「馬主」「競走馬のオーナーのこと」です。

「生産者」「牝馬に種付けをして、競走馬を生産する牧場やブリーダー」です。

まとめ

今回は「馬主」「生産者」の違いをお伝えしました。

「馬主は馬のオーナー」「生産者は種付けして生産する人」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典