「PR」と「広告」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「PR」と「広告」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「PR」「広告」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「PR」とは?

「PR(ぴーあーる)」とは、「企業・政府が、公衆(パブリック)の理解・信用・支持を得るために行う双方向のコミュニケーション」のことを意味している用語です。

「PR」とは、「Public Relations(公衆との関係)」の略語です。

「PR」「自分・自社・商品などの存在を宣伝(アピール)すること」の意味合いで使われることも多いですが、「PR」は元々、20世紀初頭のアメリカで生まれた考え方で、「組織とその組織に関係する人々・集団との好ましい関係をつくる方法・活動」の意味を持っているのです。

「広告」とは?

「広告(こうこく)」とは、「広く世間一般や人々に告げて知らせること」を意味している言葉です。

「広告」というのは、「企業・事業者が自社の商品・サービスを、各種の媒体(メディア)やチラシなどを使って広く宣伝すること」を意味しているのです。

「広告」の用語には、「自社の商品・サービスを認知・購入してもらうために行う一方的な宣伝の情報発信」といった意味のニュアンスがあります。

「PR」と「広告」の違い!

「PR」「広告」の違いを、分かりやすく解説します。

「PR」「広告」はどちらも「企業と消費者の間の情報のやり取り」という意味では似ている部分が多いのですが、「PR」というのは「宣伝広告も含めて、企業・政府と公衆(人々)の間で行われる双方向的なコミュニケーションや関係構築」のことを意味しています。

「PR」とは「企業・政府が公衆との良好な関係構築を目指すパブリック・リレーションズ」を意味していますが、「広告」のほうは「企業・事業者が自社の商品・サービスを認知・購入してもらうために行う一方的な各種の宣伝活動と情報発信(マスメディア利用の宣伝・チラシの配布など)」を意味している違いがあります。

まとめ

「PR」「広告」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「PR」とは「企業・政府が、公衆(パブリック)の理解・信用を得るために行う双方向のコミュニケーション」を意味していて、「広告」とは「広告主である企業・事業者が自らの商品・サービスを利用(購入)してもらうために行う一方向的な宣伝・売り込みの情報発信」を意味している違いがあります。

「PR」「広告」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典