スポンサーリンク

恋愛での「高望み」と「理想の相手」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「高望み」と「理想の相手」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、恋愛での「高望み」「理想の相手」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「高望み」とは?

「高望み」とは、自分の身分、能力からすれば、つり合わないような相手を望むことを言います。

簡単に言えば、自分のことは棚に上げて、相手に好条件を求めてしまうといったことが「高望み」です。

例えば、自分は無職なのに「恋人になる人は年収が1億以上がいい」などと思うことが「高望み」です。

「理想の相手」とは?

「理想の相手」とは、自分にとって望ましい相手のことを言います。

年収、容姿、性格など人によって理想の内容は違いますので、定義があるわけではありません。

その人が考えうる、最も素晴らしい、望ましい相手が「理想の相手」なのです。

また一般的に好条件が揃っている人のことを「理想の相手」と言い表すこともあります。

恋愛での「高望み」と「理想の相手」の違い!

恋愛での「高望み」「理想の相手」の違いを、分かりやすく解説します。

「高望み」とは自分の立場、能力などを棚に上げて、相手にだけ好条件を求めることを言います。

恋愛における「高望み」とは自分につり合わない相手を求めることです。

一方の「理想の相手」とは自分が素晴らしい、望ましいと思う相手のことで、容姿が良い、頭が良い、年収が高い、スタイルが良い、性格が合う、浮気をしないなど「理想」の内容は人によって違います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

恋愛での「高望み」「理想の相手」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの意味を正しく理解して使い分けてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典