スポンサーリンク

「コンポ」と「アンプ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コンポ」と「アンプ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コンポ」「アンプ」の違いや使い方を分かりやすく説明していきます。

それでは「コンポ」の意味から見てみましょう。

スポンサーリンク

「コンポ」とは?

最初に「コンポ」の意味についてご説明致します。

「コンポ」とは、基本的にスピーカーなどを配線などで繋ぎ、音楽を聴く機械(CDなどを聴く)のことです。

そして、これは略語であり、正式には「コンポーネントステレオ」になります。

以上が「コンポ」の意味についてでした。

「アンプ」とは?

次は「アンプ」の意味を解説していきます。

「アンプ」に関しては、機械に入力された電圧などの信号を、もっと大きなものへと変えるものです。

以上が「アンプ」の意味です。

「コンポ」と「アンプ」の違いとは?

ここでは「コンポ」「アンプ」の違いについて取り上げてみましょう。

「コンポ」は、単純に我々の部屋などにある、音楽を聴く機械となります。

因みにこれは略語であり、正しくは「コンポ―ネントステレオ」になるのです。

「アンプ」は、機械に入れらた信号などを読み取り、それらをもっと雄大なものへと変えるものとなります。

以上が「コンポ」「アンプ」の違いになります。

「コンポ」と「アンプ」の使い方の違い

次の項目において「コンポ」「アンプ」の使い方の違いについて解説していきます。

「コンポ」を使う時は、音楽を聴く機械を表現する時に使います。

具体的には、「コンポを割引セールで買って来たので、今から部屋で音楽を聴くつもりだ」と使うことができるのです。

「アンプ」を用いる際は、機械に入れられた信号などを読み取り、もっと大きなものへと変える際などに使うのです。

詳細は、「アンプが正常に機能しないと、音楽を聴けない」という具合に使えます。

以上が使い方の違いです。

「コンポ」を使った例文

・『休日なので、コンポの手入れをしていたところです』
・『コンポを購入するならば、駅前のお店がオススメです』
・『音楽を聴いていたら、コンポが壊れてしまった』
・『知り合いの電気屋に、コンポを修理に出すことにした』
・『最新のコンポはデザインも良くて、様々な機能がある』

「アンプ」を使った例文

・『レコードプレイヤーはアンプがむき出しなものもあるそうだ』
・『アンプが正常に機能しているようで、安心しました』
・『アンプの修理は高額になると言っていた』
・『改造してアンプをより良いものに変えることができた』
・『アンプは心臓部と言っても過言ではないでしょう』

まとめ

まとめは、「コンポ」は略語であり、「コンポーネントステレオ」になります。

意味としては、音楽CDなどを聴く(楽しむ)機械です。

一方の「アンプ」の場合は、機械に入れられた信号を確実に読み取り、もっと大きなものへと変えるものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典