スポンサーリンク

「意識高い系」と「意識の高い人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「意識高い系」と「意識の高い人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こちらの記事では、「意識高い系」「意識の高い人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「意識高い系」とは?

意識高い系とは、文字で見れば分かる様に意識高いという言葉に、けいとうといった意味を持つ系の文字が付けられて生まれた言葉です。

お陰で、意識が高いというそのものの意味ではなく、それっぽく見せているだけ、という皮肉的なニュアンスを込めた意味合いの言葉となっています。

ちなみにこの言葉は2000年代に入ってから、使用される様になった言葉と言われているのです。

「意識か高い系」の使い方

意識が高い系という言葉は、意識が高い様に見せようとしているだけ、という嫌味を込めた表現として使われるのが基本です。

そのため実際に尊敬される様な意識の高い人に、この言葉を使用する事はありません。

実態が伴わず意識が高い人だと見せようとしているのがバレバレな人に対して、周囲の人間が、あの人は意識高い系だ、と噂話をするといった使い方をされる事が多いです。

「意識の高い人」とは?

意識の高い人とは、文字通り目的意識が明確で、その目標に向かって真摯に地道な努力を行っている人に対して、使用される言葉となっています。

そう呼ばれる人の特徴としては他にも、結果を残して自慢する事もなく自分を大きく見せようとはしません。

なので周囲の人にも評価され好感を持たれるので、自然と広い人脈を持っている人が多いです。

「意識の高い人」の使い方

意識の高い人は、地道な努力を重ねながら着実に結果を残しつつ、周囲に評価されている人に対して使われる言葉となっています。

なので基本的に口だけだったり、行動が伴っていない人にはこの言葉を使用する事はありません。

周囲から真摯な頑張りを評価され、好感を持たれている人に対して、使われる言葉です。

具体的には、彼は非常に意識の高い人だ、といった形でその人に対する高い評価を表したい時に用いられる事が多かったりします。

「意識高い系」と「意識の高い人」の違い

意識高い系は、本人は意識が高い様に見せているものの、見せ掛けだけで中身が伴っていない事が他者にバレており、皮肉る形で用いられる言葉です。

一方の意識の高い人は、実際に行動や結果が伴っていて、尊敬を集めるに値する人物に対して使用される言葉となっています。

揶揄したり、皮肉めいた意味合いはありません。

「意識高い系」の例文

・『彼はSNSで意識高い系の勘違い発言ばかりしている』
・『うちの姉は天然なだけで、意識高い系ではないと思う』

「意識の高い人」の例文

・『彼はプロで結果を残した今も真摯に努力を続ける、非常に意識の高い人だ』
・『成績がトップになっても惜しまず努力が出来る彼女こそ、意識の高い人だと言えます』

まとめ

意識高い系とは、意識の高い人だと見せようとしているのが見え見えで中身が伴っていない人に対し、揶揄する形で用いる言葉です。

逆に意識の高い人は、自慢して自分を大きく見せる様な所もなく、地道に努力して尊敬に値する様な人物を表現する言葉となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典