「あきたこまち」と「コシヒカリ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「あきたこまち」と「コシヒカリ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「あきたこまち」「コシヒカリ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「あきたこまち」とは?

「あきたこまち」の意味と概要について紹介します。

「あきたこまち」の意味

「あきたこまち」は、秋田県発祥で、コシヒカリに奥羽292号を掛け合わせた品種として開発されたお米のことです。

「あきたこまち」の概要

「あきたこまち」は秋田県で作られました。

「コシヒカリ」を改良した品種であり、「コシヒカリ」の特徴である甘味と粘り気を持っています。

「コシヒカリ」よりもあっさりした味わいであることから、和食によく合うとされています。

「あきたこまち」は、品種登録がされていないので、秋田県だけではなく岩手県や茨城県など、他県でも作られています。

但し、もっとも有名なのが秋田県南産の「あきたこまち」と言われています。

「あきたこまち」は吸水が遅いので、吸水時間を長くして、水か減を多めに炊くのがポイントです。

「コシヒカリ」とは?

「コシヒカリ」の意味と概要について紹介します。

「コシヒカリ」の意味

「コシヒカリ」は、福井県発祥で、「農林1号」「22号」を掛け合わせた品種として開発されたお米のことです。

「コシヒカリ」の概要

「コシヒカリ」は、日本全国で栽培されているお米ですが、中でも新潟県魚沼産の「コシヒカリ」は、最高級とされています。

同じ「コシヒカリ」でも、地域の気候により味わいが違ってくるのです。

日本で食べられているお米の33%が「コシヒカリ」と言われ、「あきたこまち」「ひとめぼれ」「ヒノヒカリ」などは、「コシヒカリ」から開発された品種です。

「コシヒカリ」の特徴は、もっちりとした粘り気と、強い旨味で、これは「アミロース」「アミノペクチン」というデンプンが、バランスよく含まれているからです。

「あきたこまち」と「コシヒカリ」の違い!

「あきたこまち」「は秋田県で作られたコシヒカリを改良した品種で、コシヒカリよりあっさりしている」です。

「コシヒカリ」「福井県で作られた品種で、粘り気と旨味が特徴」です。

まとめ

今回は「あきたこまち」「コシヒカリ」の違いをお伝えしました。

「あきたこまちはあっさり系」「コシヒカリは旨味が強い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典