「いじわる」と「いじめる」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「いじわる」と「いじめる」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「いじわる」「いじめる」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「いじわる」とは?

「いじわる」の意味と使い方について紹介します。

「いじわる」の意味

「いじわる」は漢字で「意地悪」と書きます。

意味は「わざと人を困らせたり、辛く当たったりすること」です。

「いじわる」の使い方

「いじわる」は名詞、形容動詞で、わざと人が困る様な言動をしたり、無視したり辛く当たることを言います。

人がそれをされると困る、悲しい、恥かしい、嫌だと思うことを意図的にする時の表現です。

「いじわる」をする心理には2つあり、相手のことが嫌いで困らせてやろうと思う心理と、実は相手のことが好きで気を引きたくて目立つ行動をする心理があります。

基本的に「いじわる」は、その都度思い起こしてするもので、単発で起きることが多くなります。

「いじめる」とは?

「いじめる」の意味と使い方について紹介します。

「いじめる」の意味

「いじめる」は漢字で「虐める・苛める」と書きます。

意味は「弱いものを苦しめたり痛めつける様な言動をすること」「ことさらに厳しく扱うこと」です。

「いじめる」の使い方

「いじめる」は動詞で、日常では以下の2つの使い方があります。

1つ目は「肉体的や精神的に弱いものを、苦しめたり痛めつける様な言動をすること」という意味で、「小犬をいじめる」などと言います。

自分よりも弱い者に対して優越感を持ち、相手が悲しむことで自分を満足させる悪質な行為で、名詞・形容動詞形は「いじめ」になります。

2つ目は「ことさら厳しく扱う」で、「筋肉をいじめて強くする」などと言います。

上記に共通しているのは「弱い者や部分に対して、継続的に辛く当たる」という点です。

「いじわる」と「いじめる」の違い!

「いじわる」「わざと人を困らせたり、辛く当たったりすること」です。

「いじめる」「弱いものを苦しめたり、痛めつける様な言動をすること」です。

まとめ

今回は「いじわる」「いじめる」の違いをお伝えしました。

「いじわるは単発」「いじめるは継続的」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典