スポンサーリンク

「おずおず」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「おずおず」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「おずおず」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「おずおず」とは?意味

恐れてあれこれ考えながらも行動すること、おそるおそるという意味です。

動詞の「おず」を重ねた語です。

「おず」「おじる」の文語形で、「おじる」には恐がるという意味があります。

恐がりながらも行動をするさまが「おずおず」です。

「おずおず」の概要

恐いけれど何かをやってみたい、そんなときの行動は、ハキハキとしたものではなく、ためらいが感じられます。

そのようすが「おずおず」が意味するものです。

犬を散歩させているときのことで説明をします。

犬を散歩させているとき、向こうから別の犬が近づいてくると、相手に興味を持つ犬がいます。

それがあいさつなのか、お尻のニオイを嗅ごうとすることもあります。

気が強かったり、好奇心が旺盛だったりすると、相手の犬に近づくことをためらわずに向かい、ニオイを嗅ぐことも平気で行います。

しかし、気が弱い犬だと相手のことを気にしていても、なかなか行動に移すことができません。

近づいてみたい、ニオイを嗅いでみたい、でも恐い、そんな気持ちなのでしょう。

恐いと思いながらもやっぱり気になるので、少し考えているように見えながらも、相手に近づいていきます。

そのとき、すたすたとまっすぐ相手に向かって行くのではなく、ちょっとずつちょっとずつ近づくといった行動を見せます。

その様子から恐い気持があることがうかがえます。

この様子が「おずおず」が意味するものです。

恐いときには、バッと行動することができません。

相手に向かって歩くという場合だと、恐いものがないときにはすたすたと進んでいけますが、恐いときには勢いよく前に進むことができず、ちょっとずつ移動するといった動きになります。

今度は発言のことで説明をします。

母に言いたいことがあります。

しかし、言いたいことをはっきりというと、母から何を言われるかわかりません。

そうはいっても、これだけは言いたいということがあります。

そこで、恐れの気持ちを持ちながら、母に言いたいことを言ってみました。

そのときの言い方は、おどおどしたものです。

おどおどしているところから、恐れていることがうかがえます。

恐れなかったらズバリ言ってしまうことでしょう。

言っていいものなのか考えながら、恐れの気持ちを持ちながら発言をしており、このさまを「おずおずと言う」と表現します。

「おずおず」の言葉の使い方や使われ方

恐いという気持ちを感じながら、あれこれ考えながら行動をするさまを指して使用します。

悩んでいて行動できないことではありません。

恐れがあり、それでためらいながら行動することをいいます。

「おずおず」の類語や言いかえ

「おそるおそる」が似た意味の言葉です。

恐がる気持ちがあって、緊張しながら行動するさまを意味します。

まとめ

恐いときには、テキパキと行動することが難しいです。

恐くてためらいを感じながら行動するさまが、この言葉が意味するものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典