スポンサーリンク

「おはよ」と「おはよう」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「おはよ」と「おはよう」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝の挨拶であることは間違いありませんが、「おはよ」「おはよう」にはどのような違いがあるのでしょうか。

この記事では、「おはよ」「おはよう」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「おはよ」とは?

おはよは、おはようの短縮形です。

同じ意味ではありますが、おはよの場合はとてもカジュアルな使い方ができる挨拶です。

そのため、自分よりも目上の人や最低限のマナーを要するような相手に対して使う挨拶としては不適切です。

友人や家族など、本当に気心を許せる相手に使うならば問題ありません。

また、正しい日本語とは言えませんが、少し幼さを感じさせる響きであるために、可愛らしさを演出できます。

例えば、可愛らしいと思われたい女性が意中の男性に向かって使うこともあります。

「おはよう」とは?

おはようは漢字表記にすると、御早うになります。

朝、顔を合わせた際に「とても早いですね」と交わす言葉が短縮され、おはようになりました。

早くから働く人に対し、「早くから励んでいて立派ですね」という誉め言葉だったのが、おはようとなり一般化されたのです。

「お疲れ様です」「ご苦労様」などの意味を込めた、ねぎらいの言葉として使われていました。

おはようを丁寧に言うと、「おはようございます」になります。

きちんとした挨拶なので、どのような人に使っても失礼になりません。

芸能界などの業界では、昼でも夜でも挨拶と言えば「おはようございます」を使います。

これは、歌舞伎の世界が始まりと言われています。

舞台が始まる時間のずっと前から準備に追われる下働きの人たちに対して、感謝と慰労の意味で「おはよう」と声掛けをしていたのです。

その名残で、業界の人たちは挨拶といえば「おはよう」と言い、それは現在でも変わりありません。

「おはよ」と「おはよう」の違い

「おはよ」「おはよう」の違いを、分かりやすく解説します。

おはよは、とても気軽に使える挨拶であるために、気安い間柄で使いやすい朝の挨拶です。

一方で、正しい日本語ではないために、ルーズな印象を与えてしまうこともあるので使う相手を選ばなければなりません。

半面、可愛らしい印象を醸し出す挨拶なので、あざとさを演出したい人にもよく使われる言葉です。

おはようは正式な朝の挨拶であるために、どのような相手にも使いやすい言葉です。

さらに丁寧な挨拶が好ましいときには、「おはようございます」と言えば完璧です。

まとめ

どのような言葉を選ぶかで、相手に与える印象は大きく異なります。

特に挨拶はとても重要なので、相手に対して失礼のない言葉を選びましょう。

最初の挨拶の言葉で好印象を与えることができれば、関係は良好に保つことができます。

反対に、挨拶がきちんとできないとレッテルを貼られてしまえば人間性を疑われてしまうことも考えられます。

何はともあれ、挨拶はとても重要です。

特に朝の挨拶は、はっきりと気持ちよく伝えることを忘れないようにしたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典