スポンサーリンク

「お伺いを立てる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「お伺いを立てる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「お伺いを立てる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「お伺いを立てる」とは?意味

この言葉には2つの意味があります。

ひとつは、神仏に祈って、神仏の意志や予言などを願うことです。

もう一つは、目上の人などに指示を求めることです。

「お」は丁寧にする語になります。

「伺い」は、指示を仰ぐこと、神仏の意思や予言などを願うことという意味です。

「立てる」には明らかにするという意味があります。

「お伺いを立てる」の概要

何かを決めるときに、目上の人などの指示が必要になる場合があります。

勝手に行動をしてはいけないのです。

そのようなときに、この言葉が使われます。

商品の売り込みのことで考えてみます。

ある企業に商品の売り込みをする人がやってきました。

そのときに担当をした企業側の人をAさんとします。

Aさんは、特別何かの地位についているのではない一般社員です。

本来は、売り込みの人に対応する人が決まっていて、その人が対応をしているのですが、たまたまこのときにはその人がいませんでした。

そのため、Aさんが対応をしました。

話を聞いていると、なんだかその製品がよいものに感じられてきて、ぜひともわが社に入れたいと思うようになってきました。

また、Aさんは気が弱い人なので、断りにくいということもあります。

しかし、Aさん一人の考えで製品の導入を決めることはできません。

一般社員にそれを決める権限はないのです。

決めるのは、それを担当している人です。

製品を導入してもいいのか、Aさんは担当者に聞き、どうすればいいのか指示をもらう必要があります。

このときにAさんが、担当者の意見を聞くことが「お伺いを立てる」が意味するものです。

「お伺いを立てる」の言葉の使い方や使われ方

指示を求めるときに使用する言葉です。

指示を求める相手が目上の人の場合に使うことが多くあります。

おちゃらけて家族に対して使うこともあります。

子どもがお菓子を食べたいと思いました。

自由に手にできる場所にあるのですが、親にいわずに勝手に食べてしまうことはできません。

このとき子どもは親に対して「これを食べてもいいでしょうか」と聞きました。

親の指示を仰いだのです。

この行動が「お伺いを立てる」です。

親を尊敬していて使う場合もあれば、おちゃらけて使う場合もあります。

話し言葉としては頻繁には使われず、文書で使われることが多いです。

目下の人には使用しません。

上司、親、神仏などは自分よりも上の立ち場の存在です。

「お伺いを立てる」の類語や言いかえ

仕事の場でなら「上司の指示を仰ぐ」「上司の指示を求める」が似たような意味になります。

神仏に意思や予言を願う意味では「神仏のお告げを受ける」が似たような意味の言葉です。

まとめ

何かを決めるときに自分一人の判断で決めてはならず、目上の人などの意見を聞かなければならないことがあります。

そのときのことを指す言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典