スポンサーリンク

「お目にかかる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「お目にかかる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「お目にかかる」の意味を分かりやすく説明していきます。

聞き慣れない言葉を、正しく理解していきましょう。

スポンサーリンク

「お目にかかる」とは?意味

「お目にかかる」「お会いする」のこと。

自分より目上の方に対して用いる、とても丁寧な表現です。

よく使われる言葉なので、覚えておくと便利です。

「お目にかかる」というのは、こちらからお伺いして挨拶をする時につかいます。

また相手がこちらにやって来て、話し合いをする時にも用います。

「お目にかかる」は自分の行為をへりくだった言い方なので、謙譲語の表現になります。

ちなみに「会う」の丁寧語は「会います」です。

そして尊敬語は「お会いになる」になります。

その場のシーンにあわせて、ふさわしい言い回しを選んでいきましょう。

「お目にかかる」の概要

「お目にかかる」はビジネスの場でも、良く使う表現です。

よく耳にするため、誤った使い方で覚えてしまうこともあります。

注意したいのは「主語」を間違えて、使ってしまうケースです。

「お目にかかる」は謙譲語なので、自分が主語になるときに用います。

そのため自分以外の人を主語にしてしまうのは、間違った使い方です。

「取引先の部長が、お目にかかってくれました」「お目にかかっていただき、ありがとうございます」というと、恥をかいてしまうので気を付けておきましょう。

また目上の人に対して「いつお目にかかれますか?」という表現も、ふさわしくないので留意しましょう。

よく使う言葉だからこそ、正しい言い回しをおさえておきましょう。

「お目にかかる」の言葉の使い方や使われ方

「お目にかかる」はこのように使います。

・『次回の打ち合わせでお目にかかれることを、楽しみにしております』
・『前回は出張のためお目にかかれず、大変失礼をいたしました』
・『この度はお目にかかれて、光栄でございます』
「お目にかかる」はビジネスの場や、目上の人との会合などで使います。

へりくだった表現になるので、自分が「会うこと」に対して使います。

「ます」「ございます」などと一緒に使って、やわらかい日本語に整えていきましょう。

「お目にかかる」の類語や言いかえ

「お目にかかる」の類語には、次のような言葉もあります。

・お会いする
・お伺いする
「お会いする」「お目にかかる」と同じように用いることができます。

また「お伺いする」「訪ねる」の謙譲語になります。

こちらから営業先を訪ねる時、ご挨拶する時に使えます。

丁寧な響きをもつ言葉を、複数覚えておきましょう。

まとめ

「お目にかかる」の意味や使い方をおさらいしました。

「お目にかかる」「会う」の謙譲語です。

へりくだった態度をあらわす表現になります。

「お目にかかれる日を楽しみにしております」「お目にかかれて、光栄です」のように用います。

フォーマルな言葉をいくつか覚えておくと、堂々とした振る舞いが出来るようになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典