「お門違い」と「畑違い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「お門違い」と「畑違い」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「お門違い」「畑違い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「お門違い」とは?

「お門違い」の意味と使い方について紹介します。

「お門違い」の意味

「お門違い」「おかどちがい」と読みます。

意味は「訪問すべき家を間違えること」「目当てや対象などを取り違えていること」です。

「お門違い」の使い方

「お門違い」には以下の2つの使い方があります。

1つ目は元の意味で「訪問するべき家を間違っていること」です。

「お門」とは、「門(もん)のある建物」のことで、家全体を表す言葉です。

人の家を訪ねていくのに、他人の家の門に入ってしまうことから「お門違い」と言われる様になりました。

2つ目は上記から転じて「目当てや対象となるものを取り違えること」という意味です。

全く関係のない人やものごとに対して、当然の様に要件や希望を述べたりする時の表現です。

本人は間違っていることに気づいていない状態ですので、周囲から見て使う言葉です。

「畑違い」とは?

「畑違い」の意味と使い方について紹介します。

「畑違い」の意味

「畑違い」「はたけちがい」と読みます。

意味は「専門とする分野や方面が違うこと」「母親が異なる兄弟姉妹のこと」です。

「畑違い」の使い方

「畑違い」は、日常で使う場合には「専門とする分野や方面が違うこと」という意味です。

「畑」とは、「専門分野」という意味で、「彼は法律畑の人間だから」などと言います。

専門分野が違うことを質問されたり、話題を振られたりして、明確に答えられない時の表現です。

また、「畑違いの仕事」という場合、営業の仕事の人が経理に異動になったり、研究職の人が人事に異動になることなどを意味します。

「お門違い」と「畑違い」の違い!

「お門違い」「目当てや対象などを取り違えていること」です。

「畑違い」「専門とする分野や方面が違うこと」です。

まとめ

今回は「お門違い」「畑違い」の違いをお伝えしました。

「お門違いは見当違い」「畑違いは専門違い」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典