「ご利用は計画的に」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ご利用は計画的に」

この「ご利用は計画的に」という表現は、消費者金融や銀行カードローンなどのテレビCMでお馴染みです。

それらのCMでは、そのような(類似した形も含めて)表示が義務付けられている為に使っていることもありますが、このような言葉が使われる対象は、文字通り計画性をもって利用しないといけません。

「ご利用は計画的に」の意味

「ご利用は計画的に」とは、「きちんとした計画を立てた上で利用しましょう」という注意喚起に当たる表現です。

「何も考えずに利用してしまうと、後で大変なことになってしまう」という意味でもあり、「計画的な利用ができないなら利用してはいけない」とも解釈できます。

前項で挙げた、消費者金融や銀行カードローンでは、いわゆる無担保融資と呼ばれる形でお金を借りることができます。

つまり、借りる金額に相応する担保や保証人を立てることなく、「信用貸し」で借りられてしまうので、つい必要以上に借り過ぎてしまうことがあります。

この「ご利用は計画的に」とは、そのようなことがないようにという意味で使われます。

その他にも見掛ける機会があるかも知れませんが、圧倒的に金融関係で用いられる表現です。

「ご利用は計画的に」の英語・解釈

英語で「ご利用は計画的に」と表現できる形はいくつかありますが、一番適切だと思われるのは“plan well before using”です。

そのまま、「使用する前によく計画しましょう」と訳せる表記で、日本語の「ご利用は計画的に」を完全にカバーしている表現です。

尚、この表記は少し変えて使われることも多く、“plan well before doing”とすると、「行う前にきちんと計画を立てましょう」となり、英語で普通に使われている表現です。

「ご利用は計画的に」の言葉の使い方

主に「ご利用は計画的に」という言葉を使うのは、金銭の融資がメインの業種です。

見た目からも分かるように、いかにも特殊な言葉の為、他で使われることはほとんどありません。

ただし、このように使ったところで、結局はその人次第ということになります。

あくまで注意喚起にしかならず、あとは個人個人に任せられるところです。

「ご利用は計画的に」を使った例文・解釈

「ご利用は計画的に」を使った例文です。

いずれも金銭が絡む話になってしまいますが、元々そのような業界で使われる言葉なので、必然的にそのような形になります。

「ご利用は計画的に」の例文1

「ご利用は計画的にと言われても、消費者金融を利用する時点で計画的な人だとはとても思えない」

これは、よく言われていることで、消費者金融などもその手の表示が義務付けられているので、そう表記しているだけだというのが実際のところです。

「ご利用は計画的に」の例文2

「毎月の返済が苦しくなってきて、初めてご利用は計画的にという言葉が身に刺さった」

「ご利用は計画的に」は、このようなことがない為に使われる言葉です。

使っている方は、あくまで義務からそうしているだけかも知れませんが、参考にした方がいいのは間違いないでしょう。

「ご利用は計画的に」の例文3

「クレジットカードこそ、ご利用は計画的にと言わざるを得ない」

直接現金を借りることができるカードローンには、総量規制という収入による融資制限が適用されます。

しかし、クレジットカードには特にそのような規定はない為、下手をすると、とても支払いができないほど使ってしまうことがあります。

クレジットカードにも、そろそろこの総量規制に該当するような制限が必要かも知れません。

「ご利用は計画的に」の例文4

「ご利用は計画的にと言われても、それだけでは今ひとつピンと来ない」

上でも挙げましたが、この表記は義務付けられている為に使われていることがほとんどなので、ピンと来ないのも分かります。

ですが、この表記があるカードローンなどを利用する際には、一応気には掛けておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典