スポンサーリンク

「しております」と「しています」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「しております」と「しています」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本語には丁寧語や尊敬語などあり難しいです。

この記事では、「しております」「しています」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「しております」とは?

「いる」の謙譲語が「おる」です。

「おります」「おる」「ます」をつけて丁寧に表現したものです。

謙譲語にはⅠとⅡがあり、「しております」は謙譲語Ⅱに分類されます。

謙譲語Ⅱは相手に対して丁重に述べるもので、丁重語とも呼ばれます。

謙譲語Ⅱで表現される動作は話し手のことについてです。

「掃除をしております」「犬の散歩をしております」といった使い方をしますが、これらの文章はどれも動作を行っているのは話し手です。

「しています」とは?

「しています」「いる」の丁寧語です。

話し手が聞き手に対して丁寧に言うときに用いられます。

尊敬語は聞き手を待遇する表現、謙譲語は自分をへりくだった表現ですが、丁寧語は相手が自分よりも上か下かは問わずに使用されます。

「ランニングをしています」「料理をしています」のように使われます。

「しております」と「しています」の違い

「しております」「しています」では、「丁重」さが違います。

より丁重な表現は「しております」です。

目上の人に対して使用されることが多くあります。

「しています」は丁寧な表現ですが、聞き手が話し手よりも上か下か関係なく、日常的に使われています。

まとめ

丁重語や丁寧語など、日本語にはさまざまな表現があり、使い分けが難しいですが、うまく使い分けられれば聞き手を丁寧に扱うことができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典