スポンサーリンク

「じゃじゃ馬娘」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「じゃじゃ馬娘」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事では、じゃじゃ馬娘の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

じゃじゃ馬娘とは?意味

じゃじゃ馬娘とは、自由すぎる行動と言動が見られる若い女性に対して使われる言葉です。

自由奔放なじゃじゃ馬娘は、人のことよりも自分を優先的にするため、わがままと思われてしまいます。

急に予想不可能な動きを見せたり、人を翻弄するような言葉を言うなど、周囲を混乱させるところに困ったという意味も込めて、じゃじゃ馬娘と使います。

じゃじゃ馬娘の概要

手がつけられないような行動を見せるは、自分勝手な行動で人を疲れさせるような若い娘をじゃじゃ馬娘と言い表します。

じゃじゃ馬娘は自分がそう思われていることを知らない人と、知っていてわざと自由奔放なことをしてみせる人もいます。

元気がいい男性のようにいたずらをしたり、人を驚かせるような動きを見せるところがある女性は人を不安にさせたり、疲れさせます。

若さゆえの元気さが仇となり、過剰な行動を見せて周囲を驚かせ、不安にさせてしまいますが、反省しない若い女性に当てはまる言葉です。

じゃじゃ馬娘の言葉の使い方や使われ方

周囲のことなどまったく気にせず、自分がやりたいようにやってしまう迷惑な若い女性に対して「じゃじゃ馬娘で困る」といった心境を表すときに使われている言葉です。

アメリカでは、男性でもしつけるのが大変な暴れ馬に乗りこなす元気娘に対して、じゃじゃ馬娘と呼んでいた時代がありました。

怖いもの知らずの女性は男性でも怯んでしまうようなことも平気で挑戦します。

人を困惑させるようないたずらをしては喜ぶその姿に、親はハラハラする気持ちを「うちの娘はじゃじゃ娘でよわった」と頭を抱えるときにも使われています。

このじゃじゃ馬娘という言葉は、すぐにだだをこねる人や、目上の人に対しても平気で立ち向かい、やり負かす若い女性に対しても使えます。

じゃじゃ馬娘を使った例文(使用例)

・一番下の娘はじゃじゃ馬娘のため結婚できるか心配だ。

・男性でもやらないようないたずらをするところがじゃじゃ馬娘のようだ。

・わがままな行動ばかり見せる隣の娘はじゃじゃ馬娘で困った。

元気すぎるじゃじゃ馬娘は自分勝手な行動が目立つため、このままでは結婚できるか親としては心配だという気持ちを表せます。

男性でもやらないようなことをする女性に対して、嫌味を込めてじゃじゃ馬娘と使い、冷やかすときに使うこともできます。

また、人を嫌な気持ちにさせ、疲れさせるわがままさが目に余るその行動に対し、困った気持ちを伝えられる言葉です。

まとめ

驚くようないたずらをしたり、激しい動きを見せるじゃじゃ馬娘。

若さゆえにやってしまうその行動は、楽しいと感じることもあるのでしょうが、周囲は困ったな、疲れるなと思ってしまい、困惑していることに気づかなければなりません。

もう少し周囲に目を向けて、どのように人が感じているのか気づくことが大人の女性としての配慮でもあるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典