「すら」と「さえ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「すら」と「さえ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「すら」「さえ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「すら」とは?

「すら」とは、「極端に思われる事例を挙げて、他も同じようにそうなることを推測させる意味」を持っている係助詞です。

例えば、「こんな簡単な問題すら解けない」などで使われます。

「すら」は、「彼ですらこの問題は解けない」のように「基本的に否定的な結びの言葉(結論)と一緒に使われることが多い助詞」です。

また「すら」という助詞には、「普通であれば考えられないこと(あってはならないこと)が起こるの古語的な意味」もあります。

「さえ」とは?

「さえ」とは、「すでにあるものに、さらに付け加えるの意味」「ある物事の事例を強調して、他の物事も同じようにそうなることを類推させる意味」を持っている副助詞です。

例えば、「咳だけではなく熱さえも出てきました」「こんな簡単な仕事さえできないのです」といった例文で使うことができます。

また「さえ」の副助詞には、「その条件が満たされれば、十分な満足・結果が手に入れられるという意味」もあります。

例えば、「あの人さえ来てくれれば何とかなるはずです」のような文章で使用されます。

「すら」と「さえ」の違い!

「すら」「さえ」の違いを、分かりやすく解説します。

「すら」「さえ」「極端に思われる事例を強調して、他の物事も同じようにそうなることを推測させる意味」を持っている助詞ということでは共通しています。

しかし、「さえ」には「すら」にはない、「その条件が満たされれば、十分な結果が生じる」という「意味・用法」があります。

例えば、「彼女さえいてくれれば他には何もいりません」という文章を、「彼女すらいてくれれば他には何もいりません」というように「すら」に置き換えると意味が通じなくなるのです。

また「さえ」には「すでにあるものに、さらに付け加えること」の意味もありますが、「すら」にはその意味もないという違いを指摘できます。

例えば、「雨だけではなく雷さえ鳴り始めました」とは言えますが、「雨だけではなく雷すら鳴り始めました」という表現は完全な間違えではなくても、違和感のある表現になります。

さらに文法の品詞分類でも、「すら」「係助詞」「さえ」「副助詞」の違いがあります。

まとめ

「すら」「さえ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「すら」とは「極端に思われる事例を挙げて、他も同じようにそうなることを推測させること」を意味していて、「さえ」「ある物事を強調して、他も同じようになることを類推させること」「その条件が満たされれば十分な結果が手に入れられること」などを意味している違いがあります。

「すら」「さえ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典