「せっかち」と「短気」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「せっかち」と「短気」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「せっかち」「短気」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「せっかち」とは?

「せっかち」の意味と使い方について紹介します。

「せっかち」の意味

「せっかち」は、「忍耐がなく、先を急いで気ぜわしい性格のこと」です。

「せっかち」の使い方

「せっかち」は、ものごとを待ったり、我慢できずに、先に進みたがる性格の人のことを言います。

自分で急いでいるだけではなく、人に対してあれこれと働きかけてきます。

「せっかち」の語源は「急 (せ) き勝ち」と言われ、「急いで勝とうとする様子」を表します。

一緒にいても落ち着きがなく、常に結果を焦ったり、まだ余裕があるのに「まだですか」などと人に催促してきます。

エスカレーターを小走りに上ったり、エレベーターに乗ると「閉」ボタンを連打するなどの共通する特徴があります。

「短気」とは?

「短気」の意味と使い方について紹介します。

「短気」の意味

「短気」「たんき」と読みます。

意味は「辛抱が出来ずに、すぐにすぐ怒ったりいらいらしたりする性格のこと」です。

「短気」の使い方

「短気」は、ものごとに対して我慢ができないだけではなく、すぐにイライラしたり怒る性格の人のことを言います。

相手に対して寛容な気持ちがなく、少しでも自分の気に入らないことがあると、すぐに怒り出します。

また、根気がなく、すぐに飽きて機嫌が悪くなり、投げ出してしまうこともあります。

「気」「生まれつきもっている心の傾向」という意味で、「心の持ちようが短いこと」として使われます。

「せっかち」との違いは、「すぐに怒る」という点です。

「せっかち」と「短気」の違い!

「せっかちは「忍耐力がなく、常に先を急ぐ性格のこと」です。

「短気」「根気がなく、すぐにイライラしたり怒ったりすること」です。

まとめ

今回は「せっかち」「短気」の違いをお伝えしました。

「せっかちは先を急ぐ」「短気はすぐに怒る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典