スポンサーリンク

「そりゃそうだ」と「さもありなん」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「そりゃそうだ」と「さもありなん」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「そりゃそうだ」「さもありなん」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「そりゃそうだ」とは?

「そりゃそうだ」「それは当然だ」という意味です。

「そりゃ」「それは」が変化した言葉です。

「そうだ」は漢字で「然うだ」と書き、感動詞「さ」が変化した言葉で「その通りだ」という意味です。

基本的に、相手から何かしらの報告を聞き、その結果に対して肯定する時の表現です。

これから起きることではなく、既に起こったことに対して使われます。

「さもありなん」とは?

「さもありなん」は、「そうであるだろう」という意味です。

漢字で書くと「然もありなん」になり、「然」は副詞「さ」で、「その様に」という意味で、「然も」「本当にそれらしい」「いかにもその様だ」になります。

「ありなん」「ありなむ」が変化した形で語尾の「む」は推量の「う・よう・だろう」であることから「あるだろう」になります。

「さもありなん」は、これから起きることに対して「きっとそうだろう」「当然んそうなるだろう」と予測する時に使われる言葉です。

また、結果を知った時に「最初からそうなるだろうと思っていた」と予測していた時に使われることもあります。

「そりゃそうだ」と「さもありなん」の違い!

「そりゃそうだ」「それは当然だ」という意味です。

「さもありなん」「そうであるだろう」という意味です。

まとめ

今回は「そりゃそうだ」「さもありなん」の違いをお伝えしました。

「そりゃそうだは結果に対して」「さもありなんは予測したこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典