スポンサーリンク

「そ運ゴ」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「そ運ゴ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「そ運ゴ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「そ運ゴ」とは?意味

「そ運ゴ」は、それは運が悪すぎる、ごめんなさいという意味の言葉です。

この言葉だけでは全く意味が分からないと思いますので、補足説明をしますと、「そ運ゴ」は、パズル&ドラゴンというスマートフォン向けのゲームアプリの公式運営Twitterから生み出された言葉を短くしただけの言葉になります。

「そ運ゴ」の概要

「そ運ゴ」という言葉自体は、元々は、それは運が悪すぎる、ごめんなさいというゲームの運営側がTwitterにて素直に詫びを入れたうえで、ガチャによるほしいキャラが出なかったことは単純に運が悪かっただけであるというのがこの言葉の始まりです。

それ以来、ガチャなどでほしいキャラクターなどが出てこない場合、自信の運の悪さを呪いゲームの運営側は悪くないという趣旨で用いられる言葉として、「そ運ゴ」が使用されるように変化していったのです。

ただ、この言葉、自体はスマートフォンゲームなどでガチャ行為を行っている物でないと使用することはほぼないと言え、その理由は、サービスの提供側は問題ない行為をしており、むしろサービスを利用している自分に非があるというような言い方をしているわけですので、スマートフォンゲームのような課金ゲームでしか使用できない言葉であると言えます。

「そ運ゴ」の言葉の使い方や使われ方

「そ運ゴ」は、スマホアプリのゲームでガチャなどで自分の思う結果にならなかったが、これは運営側が悪いのではなく、自分の運が悪いだけであるという場合、「そ運ゴ」を使用します。

この言葉の利点は、短縮にあり、いちいち、自分の運が悪いが故、ガチャを引けなかったがこれは運営は悪くないというよりも簡単に言い表せるが故、こちらの言葉を使用したほうが便利であると言えます。

「そ運ゴ」の類語や言いかえ

「そ運ゴ」の類義語や言いかえは存在していません。

その理由は、ゲームを提供している運営側に非がない上で、自分自体の運が悪いが故、自分の望む結末に至らなかったという言葉の省略や言いかえなどが存在しないためです。

あえて類語を上げるとすれば、パズル&ドラゴンのTwitterの文章が始まりの文章であり類語や言いかえに相当しますが、省略した単語である「そ運ゴ」の言いかえや類語は存在しないのです。

まとめ

「そ運ゴ」は、現在では単純に運が悪い人でかつ、運が悪いが故にかわいそうな人であるという意味もありますが、元々は、「そ運ゴ」は、ゲームを提供している運営側には非がなく、自分の運が悪いことを許容できる心を持つ人間を指す言葉でした。

そうでなければ、運営に突撃し、不正があることを訴え、場合によっては完全に不正であることを認めさせる行為に及ぶ可能性もあるのに、それを行わないというのは、心が広い人だと言えるのです。

ですが、「そ運ゴ」は、元々の言葉を省略しすぎた故にだんだんと異なる意味を持つようになり、現在は単に運が悪い人でかわいそうであるという意味になったと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典