スポンサーリンク

「たくあん」と「たくわん」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「たくあん」と「たくわん」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の代表的なお漬物として有名なのが、「たくあん」です。

これは「たくわん」とも呼ばれていますが、何が違うのか気になるところです。

この記事では、「たくあん」「たくわん」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「たくあん」とは?

「たくあん」とは、大根を干したものに、塩を入れた糠に漬けたお漬物のことを言います。

「たくあん」は漢字で「沢庵」と書きますが、その由来は諸説あるようです。

臨済宗の開祖である沢庵和尚が関係していると言う説や、言葉の訛りから来ているという説などがあります。

「たくわん」とは?

「たくわん」とは、「たくあん」と同じお漬物のことです。

話し言葉として「たくわん」と発音するところからきているようです。

「たくわん」の方が「たくあん」よりも言いやすいことから、この呼び方が広まったのかもしれません。

もともと「たくあん」が本来の言葉です。

「たくあん」は書き言葉で、「たくわん」は話し言葉で使われることが多いようです。

「たくあん」と「たくわん」の違い

「たくあん」「たくわん」の違いを、分かりやすく解説します。

「たくあん」「たくわん」は、どちらも同じ大根のお漬物を指しています。

本来は「たくあん」だったものが、話し言葉ではより言いやすい、「たくわん」に変化していったようです。

まとめ

大根を漬けたお漬物はいろいろあります。

その中でも「たくあん」はもっとも代表的なお漬物と言えるでしょう。

「たくあん」は黄色いのが特徴のお漬物です。

これは大根を漬け込んでいくうちに、徐々に色が黄色へと変化していきます。

大根の辛い成分が変化していくことで、黄色くなっていくようです。

売られている「たくあん」の黄色は、商品によって色の違いが見られます。

無着色の場合は大根本来の黄色ですが、天然着色料などで着色している「たくあん」は色が違います。

着色料が入っている「たくあん」の中には、かなり鮮やかな黄色のお漬物もあります。

「たくあん」はおにぎりやお弁当などに入っている定番のお漬物です。

美味しいだけではなく、歯ごたえが良いのも嬉しい特徴です。

昔は「たくあん」を漬ける家庭も多く、時期になると、家の軒先に大根が干してありました。

しかし、現代では健康的な理由で、減塩志向となり、お漬物の需要が減少してきているようです。

そのため、減塩のお漬物が多く出回るようになりました。

一昔前の「たくあん」に比べると、今、出回っているものは塩分控えめになってきています。

ですが、発酵食品でもあるお漬物は、腸内環境にも良い効果が期待できる食品です。

そのため、塩分の過剰摂取にならない程度で、「たくあん」などのお漬物を美味しくいただきたいものです。

また、「たくあん」は干し方によって、見た目や食感が変わってきます。

かなりよく干してあるものから、まったく干していないものまで、さまざまな種類の「たくあん」が出回っています。

いろいろな「たくあん」を味わってみて、食感や味を比べてみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典