スポンサーリンク

「たっぷり」と「たくさん」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「たっぷり」と「たくさん」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「たっぷり」「たくさん」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「たっぷり」とは?

「たっぷり」には、主に3つの意味があります。

1つめは、十分にあるさまです。

「たっぷりのお湯でパスタをゆでる」のように、満ち溢れるほど十分にあるさまを表します。

2つめは、時間や幅など、分量が余裕であるさまです。

「時間はたっぷりある」のような使い方をします。

3つめは、少なめにおおよその検討とつけても、それだけの数量は十分にあることです。

「会議はたっぷり1時間はかかるだろう」のような使い方をします。

「たくさん」とは?

「たくさん」には、3つの意味があります。

1つめは、数量が多いことです。

「たくさんの車が並んでいる」のような使い方をします。

2つめは、数量が十分であることです。

多くの場合、十分でもうそれ以上はいらないことを意味します。

「お酒はもうたくさんです」のような使い方をします。

3つめは、名詞と一緒に使われて十分であるさまを表すことです。

「たくさん」は漢字で「沢山」と書き、「子沢山」のような使い方をします。

「たっぷり」と「たくさん」の違い

「たっぷり」は満ち溢れるほど十分にあるさまを意味します。

外に出そうなほどや、外にこぼれるほどに十分にあるさまを表しています。

その他、余裕があることも意味します。

「たくさん」は数や量が多いことです。

「たっぷり」とは違い、溢れるほどでなくても「たくさん」という言葉が使用されます。

まとめ

どちらも十分であることを表していますが、どの程度の十分さなのかが異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典