「だご汁」と「豚汁」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「だご汁」と「豚汁」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「だご汁」「豚汁」の違いを分かりやすく説明していきます。

「だご汁」とは?

「だご汁」とは、九州地方の郷土料理の一つで、小麦粉で作った平たい麺を入れた豚汁のことを言います。

作り方は、小麦粉を塩水で練り、それを平らにして汁の中に入れて煮込みます。

その日に食べるより、翌日の方が味が染みて美味しいのでおすすめです。

「豚汁」とは?

「豚汁」とは、豚肉と野菜を煮込み、味噌で味付けをした日本料理のことを言います。

簡単に言えば、豚肉入り、具沢山味噌汁ということになります。

具は、お好みで、大根、ニンジン、ゴボウ、さつま芋、ネギ、こんにゃくなどを入れます。

基本的には豚肉の脂と、ゴボウなど根菜が入っていて、味噌の香りが特徴となります。

脂が入っていることで冷めにくく、寒い時期に食べることが多い料理です。

「豚汁」の読み方は「ぶたじる」「とんじる」など地域で差があります。

「だご汁」と「豚汁」の違い!

「だご汁」「豚汁」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらも味噌汁といった意味では同じなのですが、入っている具材に違いがありますので、使い分けるようにしましょう。

「だご汁」とは九州地方の郷土料理として知られています。

大分県は「だんご汁」と言いますが、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県は「だご汁」と言います。

各地域、家庭などで多少作り方に差はあるにせよ、「豚汁」に小麦粉で練った平たい麺を入れることは同じです。

大きな鍋で作り、翌日味が染みた方が美味しいという意見もあります。

一方の「豚汁」とは日本料理の一つで、豚肉の入った具沢山味噌汁のことです。

具材は好みですが、ゴボウ、大根、ニンジンなど根菜類が入ります。

豚肉の脂によって冷めにくくなる効果がありますので、寒い地方、寒い時期などに食べることが多い料理です。

まとめますと「だご汁は九州地方の郷土料理、小麦粉で練った平たい麺が入った豚汁」「豚汁とは豚肉、根菜類などが入った具沢山の味噌汁、寒い時期に好まれる」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「だご汁」「豚汁」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

「だご汁には小麦粉の麺が入っている」と覚えておきますと、分かりやすくなります。

それぞれの特徴を理解し、間違えることがないようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典