スポンサーリンク

「ちっぱい」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ちっぱい」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ちっぱい」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ちっぱい」の意味

女性の小さな胸を表す言葉。

「ちっぱい」の解説

「ちっぱい」は、小さなおっぱいのことです。

小さいおっぱい又は、ちっちゃなおっぱいを略したものです。

下着のサイズ区分では、Aカップ以下を指すことが多くなります。

カップサイズは、乳房の一番高い部分と、胸のすぐ下の部分との差で決まりますが、Aカップだと、その差は10cmになります。

手のひらサイズの胸だといえます。

「まな板」「つるぺた」などと言われる、ほぼ平らな胸とは違い、控えめながらあるのが特徴です。

「ちっぱい」の使われ方

「ちっぱい」は、「ペチャパイ」「貧乳」に比べ、かわいらしい印象があります。

使用するときは、「彼女が、『ちっぱい』で可愛い」というように使います。

胸の小さな女性を「ちっぱい女子」と言うこともあります。

また、アイドルマスターのキャラである「如月千早」の胸を指すときに、よく使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典