スポンサーリンク

「ついカッとなってやった、今は反省している」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ついカッとなってやった、今は反省している」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、容疑者のコメントがもととなったスラング「ついカッとなってやった、今は反省している」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ついカッとなってやった、今は反省している」とは?意味

衝動的に物事をしてしまったものの反省自体はしているという意味の言葉で、もともとは計画的ではないタイプの犯罪、暴行などの事件で容疑者が残したコメントの定型文的なものとして知られたものとなっています。

ここから発展して掲示板などで話題になったものから高度なコラージュやイラストを作成して披露して「ついカッとなってやった、今は反省している」というような言い回しを使うケースが見られるようになりました。

「ついカッとなってやった、今は反省している」の概要

行為としてなにか行った本人にとって痛さ、恥ずかしさを持っている物を行った時にコメントとしてつけていたケースが多い言葉となっています。

この痛い、恥ずかしいと思うような行為が人には思いつかないようなアイデアの工作、高度なコラージュ、イラストやマンガの作成などであるケースが多く、掲示板文化が隆盛していた頃によく使われていた言葉ながら、現在でもツイッターなどで使われるケースが見られます。

スラング的な性質を持っているため、メーカーなどから発せられることはまずないと言える言葉です。

ついカッとなってやった、今は反省しているでツイッター検索すると変わった画像がいくつかあるというケースもありますが流石に内輪でないとわからないものも多くなっており、そこから外れて誰が見ても凄いと思うものもたまに見られます。

「ついカッとなってやった、今は反省している」の言葉の使い方や使われ方

「ついカッとなってやった、今は反省している」と自分の制作したものの画像、GIFアニメーション、コラージュなどを添付して発表するというケースが基本で、文章で表す場合は信憑性がある程度高くなおかつ他人にはなかなかできない行動を示すケースが一般的です。

「反省している」という言葉で特にプラスアルファの画像などを添えるケースはありません。

「ついカッとなってやった、今は反省している」の類語や言いかえ

少し略した「カッとなってやった 反省している」「むしゃくしゃしてやった 誰でも良かった」「ムカムカしてやった」などが言い換えとして使われています。

容疑者の使う犯行に対してのコメントの定型文的なところを抽出して使っているため、新たな定型文的なコメントが発生した場合そちらが使われることも考えられますが、不謹慎すぎないバランス感覚が必要と言えます。

まとめ

「ついカッとなってやった、今は反省している」はその時の熱意で瞬発的に作成したものなどを発表する行為で、後で考えたらなんであんなことをしたのかわからないというケースもあれば、掲示板を見ている人から称賛されるケースもありえます。

ある程度技量やアイデアがあって行える行為とそれに密接した言葉ということができます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典