「にわか雨」と「通り雨」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「にわか雨」と「通り雨」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「にわか雨」「通り雨」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「にわか雨」とは?

「にわか雨」の意味と概要について紹介します。

「にわか雨」の意味

「にわか雨」「にわかあめ」と読みます。

意味は「突然降り出して、すぐに止む雨のこと」です。

「にわか雨」の概要

「にわか雨」は、突然降り出して30分程度ですぐに止む雨のことを言います。

「にわか雨」は、気象用語では「驟雨(しゅうう)」の一種で、地上の温かい空気により雲が上昇して、大気中で冷却されて液体化したものが水となって地上へ落ちてくる自然現象です。

この雨を生じさせる雲を「積乱雲」、別名「入道雲」と呼びます。

「突然」「急に」「一時的な」という意味があります。

「にわかファン」などにも使われる様に、「急に生じてすぐに終ること」を表すのです。

「通り雨」とは?

「通り雨」の意味と概要について紹介します。

「通り雨」の意味

「通り雨」「とおりあめ」と読みます。

意味は「断続的に繰り返し降る雨のこと」です。

「通り雨」の概要

「通り雨」は、気象用語では「時雨(しぐれ)」と言います。

「通り雨」も、上記で紹介した「驟雨」の一種で、海面で空気が暖められ対流雲が発生して、晴れと曇りが繰り返され、移動する時に雨が断続的に降る状態のことです。

「にわか雨」「急に降ってすぐに止む」に対して、「通り雨」「断続的に雨が降る」時に使います。

つまり、一時的なのが「にわか雨」「にわか雨」が繰り返されるのが「通り雨」なのです。

雨雲が移動するに従い、雨が通り過ぎていくことから名づけられました。

「にわか雨」と「通り雨」の違い!

「にわか雨」「突然降り出して、すぐに止む雨のこと」です。

「通り雨」「断続的に繰り返し降る雨のこと」です。

まとめ

今回は「にわか雨」「通り雨」の違いをお伝えしました。

「にわか雨は一時的」「通り雨は断続的」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典