スポンサーリンク

「ひょうきん」と「お調子者」の違いは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ひょうきん」と「お調子者」の違いは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ひょうきん」「お調子者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ひょうきん」とは?

「ひょうきん」には、気軽でおどけた感じ、気軽な人柄で面白い、といった意味があります。

この「ひょうきん」という言葉は、中国から日本に渡ってきた言葉で、元々の意味は「素早い」です。

その「素早い」といった意味の「ひょうきん」が日本に渡って来た際、今のような意味の「ひょうきん」になったとされています。

同じような意味を持つ言葉には、「お茶目」「ユニーク」「個性豊か」「陽気」「ねあか」「天真爛漫」「明朗快活」などがあり、性格が明るく、ユーモアがあり、人に優しいといった特徴のほか、実は観察力が鋭いといった特徴を持つ人を指す言葉となります。

「ひょうきん」の使い方

「ひょうきん」のは、「ひょうきん者」「ひょうきんな人」「ひょうきんな性格」「ひょうきんなポーズ」「ひょうきんな表情」「ひょうきんなキャラクター」など、何が「ひょうきん」なのかを示す使い方が多くなります。

「お調子者」とは?

「お調子者」には、おだてに乗り勢いづいている人、得意になっている人、軽はずみなことをする人、いい加減に相手と調子を合わせる人といった意味があります。

自分の意見や考えなどはなく、他人の意見に対し、そう考えもせずに簡単に賛成する人を指す意味もあり、あまり、良い意味で用いられることはありません。

同じような意味を持つ言葉には、「はねっ返り」「粗忽者」「軽い」、といったものがあります。

良い意味で言えば、ユーモラスがあり面白い人なのですが、悪い意味で言えば、不真面目で不誠実な人といった意味となります。

「お調子者」の使い方

「お調子者」は、そのまま、「お調子者だ」「お調子者ですね」などといった使い方となります。

「ひょうきん」と「お調子者」の違い

同じ楽しい人を意味する「ひょうきん」「お調子者」ですが、用いる際、「ひょうきん」には、さほど、悪い意味はありませんが、「お調子者」には、悪い意味を込め用いられることが多いといった違いがあります。

「ひょうきん」な人は、自分自身の行動のみとなりますが、「お調子者」の場合は、周囲に合わせるといった意味があるといった違いもあります。

「ひょうきん」の例文

・『僕の子どもの頃の写真は、いつもひょうきんなポーズばかりで恥ずかしいです。』

・『クラスでひょうきん者として人気の○○君。』

・『ひょうきんな性格は父親譲りです。』

・『いつもは、ひょうきんな姿を周りに見せている彼ですが、実は誰よりも頑張り屋さんだということを私は知っています。』

「お調子者」の例文

・『お調子者の彼には親友と呼べる人はいません。』

・『お調子者は、結局、最後、嫌われてしまうことが多くなります。』

・『私は場の雰囲気を考えないお調子者は嫌いです。』

・『お調子者を演じることで、クラスでの位置を保っている私です。』

まとめ

一見、同じ意味のように思える「ひょうきん」「お調子者」ですが、ニュアンスの違いがあり、相手によって使い分けることが大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典