スポンサーリンク

「ままある」と「多々ある」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ままある」と「多々ある」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ままある」「多々ある」は、どちらも物事の頻度を表す言葉ですが、どちらを使うのか迷ったことはありませんか。

この二つの言葉の違いを説明します。

スポンサーリンク

「ままある」とは?

「ままある」は、漢字で書くと「間々ある」になります。

物事のあいまにある、度々あるという意味になります。

それほど頻繁ではないけれど、全然発生しないという程ではない、ときどき現れるときに使います。

具体的な頻度が決まっているわけではありません。

成すがままの「まま」とは違うことに、注意が必要です。

その場合は儘と書き、思い通りになる、成り行きに任せるなどの意味があります。

「多々ある」とは?

「多々ある」「多々」とは、数が多いことです。

「多々ある」とは、頻繁に、しょっちゅうある、数多くあるという意味になります。

また、いくらでも見出されるさまを表すときにも使います。

「ままある」と「多々ある」の違い

「ままある」とは、ときどきあるときに使う言葉で、「多々ある」は、頻繁にあるときに使います。

よって、「多々ある」の方が、高い頻度を表す言葉です。

「ままある」は、ときどきあるときにも、少しだけあるときにも使われるので、「ままある」の方が範囲の広い言葉だといえます。

一般的に、「多々ある」は漢字を使いますが、「ままある」はひらがなで書くことが多くなっています。

まとめ

「ままある」「多々ある」は、具体的な基準はありませんが、意味は違います。

違いを知って、役立ててください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典