スポンサーリンク

「やっかみを買う」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「やっかみを買う」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

人のネガティブな感情は様々存在しており、できれば自ら持ちたくもありませんし、相手から向けられることも避けたいものです。

しかしながらどんなに注意をしていても他人の感情はコントロールはできません。

世界中でこの様な複雑で暗い印象を表現する言葉やイデオムは多くあり、日本語も例外ではありません。

そんな中で『やっかみを買う』という言葉を一度や二度は聞いたことはありませんでしょうか。

この記事では、「やっかみを買う」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「やっかみを買う」とは?の意味

平たく説明をしてしまうと、これは『他人からうらやみやねたみを受けてしまう』という意味を表す言葉です。

ご覧の通り『やっかみ』と『買う』という二つの単語が使われている言葉ですので、次の項でそれぞれをもう少し詳しく見ていきましょう。

「やっかみを買う」の概要

『やっかみ』は『やっかむ』という動詞が変化したものですが、これは主に関東地区のことばで『うらやむ』や『ねたむ』という言葉です。

他人の成功や幸せを悔しがって自分もそうなりたいのに何らかの事情でできない為、府の感情を他人に対して抱く時に『やっかむ』という言葉が使われます。

関東だけでなく、最近では全国でも聞く言葉ですので、馴染みがあるのではないでしょうか。

そしてもう一つ『買う』という言葉ですが、これは当然何かを金銭を支払って購入することではなく、『自分がもとになって他人から負の感情や思いを向けられえてしまう』ことを表した言葉です。

よくある表現としては『怒りを買う』、『ひんしゅくを買う』なが有名です。

紛らわしい表現に『喧嘩を買う』がありますが、この場合の『買う』は『自ら進んで引き受ける』という意味になりますので微妙に用法が違うことに注意しましょう。

この2つが重なり、『他人からうらやみやねたみの感情を向けられる』という意味になります。

「やっかみを買う」の言葉の使い方や使われ方

『やっかみ』の意味は比較的ストレートですので覚えやすいですが、『買う』の使い方についてはニュアンスを間違えると意味が変わってしまうので注意が必要です。

この場合の『買う』はあくまでも負の感情を向けられるということであり、引き受けたり自ら進んで求めるなどではないということには十分注意したい表現です。

「懇ろに弔う」を使った例文(使用例)

・『武田さんはその優れた容姿が原因でクラスの女子からやっかみを買っている。』
・『佐藤さんがやっかみを買う理由は偏に普段の態度にあるのではないだろうか。』
・『やっかみを買わないようにあまり目立たない方がいいですよ。』

まとめ

如何でしたでしょうか。

『やっかみ』という言葉が意外にも関東地区の言葉であることはあまり知らなかった事実ではないでしょうか。

また、同じ『買う』でも様々な意味があり、とても豊かな表現方法であることにお気付きになられたと思います。

願わくば、『やっかむ』ことも『やっかみを買う』こともない人生を送りたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典