スポンサーリンク

「やむを得ない」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「やむを得ない」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「やむを得ない」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「やむを得ない」とは?意味

他にどうすることもできない、理想的な選択肢がない、仕方がないなどの意味合いがあります。

また、やむを得ないという言葉を使う場合は理想的な選択肢がないものの先に進めてしまう場合、諦めて引き下がる場合など一つの結論に行き着いている段階が多くなっています。

やむを得ない事情などの使い方が多くなっており、行政の説明文にある注意事項などでよく使われている言葉です。

一定の複雑な事柄でできている言葉と言えます。

やむを得ない機械などという使い方はしません。

「やむを得ない」の概要

やむを得ないという言葉にはどうしようもなさ、致し方なさが含まれており、何らかの厳しい選択、マイナス条件を飲まざるを得ない状況にあります。

「家屋は壊れてしまうが人命救助のためやむを得ない」というような状況がわかりやすい例で、現実的でもっと理想的な選択肢があれば当然そちらを取りますが、現在最も理想的な選択肢がこうなってしまったということができます。

基本的は非常事態で使われる言葉といえ、不測の事態、何かを捨てないといけない事態で使われる言葉と言えます。

文章だけではなく実際に口に出して使うケースもありえます。

また、不測の事態も前もって対応するため「やむを得ない場合」と説明に明記することも見られ、催し物が中止になってしまうことがあり得るケースなどに対して使われます。

「非常にやむを得ない」というような強調した言葉は正しい言葉遣いではありませんが、ある程度意味が通るという側面もあります。

特に問題なかった、理想的な結果に終わったというような言葉が対義語と言える言葉で、やむを得るという言葉はありません。

「やむを得ない」の言葉の使い方や使われ方

「相手は絶好調の強打者でノーアウト満塁では敬遠もやむを得ない」「この世論では辞任もやむを得ない」「やむを得ないが家屋を切断して住民の救助に向かった」「その他やむを得ない事情があった場合は中止とさせていただきます」「チャーシュー麺が品切れなのでやむを得ないがラーメンを食べる事にする」などの使い方が挙げられ、どれも最も理想的な結論ではなく、その時の最善を目指したという状況になっています。

「やむを得ない」の類語や言いかえ

「致し方ない」「どうしようもない」「他にどうすることもできない」「これが最善の」「仕方ないが」「残念だがしょうがない」などが言い換えとして挙げられます。

ただし、理想的な選択肢がないという状況はやむを得ないという言葉が最も多く使われています。

まとめ

やむを得ないという言葉は難しい選択に迫られたという意味合いが強く、選択した側も辛い選択であるケースが多いのですが時間的制約、その後の制約、失敗した場合のさらなる状況の悪化などを考えると一応最善の選択であるというケースが多くなっています。

マンガや小説などではドラマ性を出すためやむを得ない選択が多くなると言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典