スポンサーリンク

「やりらふぃー」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「やりらふぃー」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「やりらふぃー」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「やりらふぃー」の意味

「やりらふぃー」と聞こえる曲の空耳から始まった言葉、またの名はパリピ

「やりらふぃー」の解説

「やりらふぃー」とは、ノルウェーのデュオアーティスト「Meland x Hauken」の楽曲「CHERNOBYL 2017」の歌詞の空耳を意味しています。

歌詞の空耳だけではなく、「CHERNOBYL 2017」の音楽に合わせてTikTokでダンスする人やダンスしている人のファッションを指して、「やりらふぃー」と呼ぶこともあります。

「CHERNOBYL 2017」のサビ部分の「Jeg vil at vi」「やりらふぃー」と聞こえることから、やりらふぃー」のネットスラングが生まれました。

「やりらふぃー」は2020年のギャル流行語大賞やegg流行語大賞、インスタ流行語大賞で「第1位」に選ばれています。

「神奈川県立田奈高等学校」の生徒が「やりらふぃー」を踊ってTikTokなどSNSでバズり、若者の間で流行語になったのです。

「やりらふぃー」の使われ方

「やりらふぃー」は、ノルウェーのデュオアーティスト「Meland x Hauken」の楽曲「CHERNOBYL 2017」やその歌詞を指して使われます。

また「CHERNOBYL 2017」の音楽に合わせてTikTokでダンスをしている人やそれらの人のファッションを意味して、「やりらふぃー」というスラングが使用されているのです。

歌ったり踊ったりするような「テンションの上昇」が感じられる場合にも使われています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典