スポンサーリンク

「わずか」と「たった」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「わずか」と「たった」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「わずか」「たった」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「わずか」とは?

「わずか」とは、数や程度がとても少ないこと、ほとんどないことを意味する形容動詞です。

漢字を宛てると「僅か」になります。

漢字の「僅」は、にんべんと「菫」【きん】を組み合わせた象形文字です。

成り立ちを見てみると、にんべんは人を、「菫」は日照りの雨ごいをする様子を描いており、雨が非常に少ない様子を指しています。

「僅」は、その意味が転じて、ものがとても少ないことを示す漢字になっています。

「わずか」は、「わずかな」「わずかに」などの形で数、時間、程度が少ないことを意味します。

またその少なさは「かろうじて」「ほとんどない」「たった~だけしかない」と言い換えられるほど、非常に少ない様子を示しています。

類語は「かすか」「ささやか」「形ばかり」「心もち」です。

これらは「ほぼないに等しいが、あるように感じられる」といったあいまいな評価を指しています。

「わずか」の例文

・『空席はあと3席と、残りわずかになっております』

・『わずかな音にも敏感に反応する』

「たった」とは?

「たった」とは、数量や程度がとても少ないこと、またはほんの少し前であることを強調する副詞・連体詞です。

これは副詞の「唯」「只」【ただ】の音が促音に変化したもので、「ただ」と同様にものがとても少ない様子を指す言葉になっています。

「たった」は、ものの少なさに対し「これだけしかない」「ほんの少し」と評価するニュアンスを持ち、主に二つの使い方がされています。

一つは、数詞の前に付いてものの数量が少ないさまを強調する用法です。

程度、数量を表す言葉と組み合わせ「たったこれだけ」「たった1個」などと言い表します。

もう一つは、時間や空間を表す体言の前に付いて、ごく最近であることを強調する用法です。

たとえば「たった今」は、今より少しだけ前、つまり「直近」を表すことになります。

また許容限度を表す「だけ」「きり」と組み合わせることで、強調する意図がいっそう高まります。

類語は「僅々」【きんきん】「唯々」【ただただ】「ほんの」などです。

どの言葉も「たった」と同様に、とても少ない様子を表すときに使われています。

「たった」の例文

・『1か月のおこづかいがたった100円じゃ、ほとんど何も買えないよ』

・『たった10分で本格的な料理を作る』

・『この洗剤を使えば、たった1回だけの洗浄でピカピカになる』

「わずか」と「たった」の違い

「わずか」「たった」の違いを、分かりやすく解説します。

「わずか」「たった」は共にものの数や程度が非常に少ないことを意味し、互いに類語の関係が成り立っています。

これらの持つ意味はほぼ同じです。

「わずか」は、事実として「数量や程度がほとんどないに等しい」「かろうじてある状態」を指します。

対して「たった」は、「これだけしかない」と少なさを強調するはたらきがあり、ものの少なさに対する主観的な評価や感情を伴っているところが「わずか」と異なります。

まとめ

「わずか」「たった」は類語にあたり、ほとんど同じ意味で使うこともできますが、少なさを表現するニュアンスは微妙に異なります。

「わずか」「たった」を細かく使い分ければ、より深みのある表現を作ることができるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典