スポンサーリンク

「アウトソーシング」と「派遣」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アウトソーシング」と「派遣」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アウトソーシング」「派遣」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アウトソーシング」とは?

「アウトソーシング」とは、経営手法の一つで、社外から生産に必要な部品や製品を調達すること、仕事の一部を他業者に請け負わせることを意味します。

社外調達、外部委託とも呼ばれます。

「アウトソーシング」の対義語は「インソーシング」です。

インソーシングには、社外に発注した生産に必要な部品などや、委託した業務を社内にふたたび戻すことを意味します。

「アウト」には外側という意味があり、「イン」には内側という意味があります。

「派遣」とは?

「派遣」には、ある使命をもって赴かせるという意味と、派遣社員や派遣労働者の略という2通りの意味があります。

ある使命をもって赴かせるという場合には、「使節団を派遣する」「派遣業者」のような使われ方をしています。

派遣社員、派遣労働者とは、派遣元会社に登録をしている人で、他の企業に派遣されて業務をこなす人のことを指します。

「アウトソーシング」と「派遣」の違い

「アウトソーシング」とは、社外に部品や製品を調達すること、仕事の一部を他業者に請け負わせることを意味します。

自社の外側にある会社に仕事をお願いすることです。

「派遣」は派遣社員のことで、派遣会社から労働者を雇い入れられ、他の企業で働く人のことを意味します。

社外から人を受け入れていることになります。

まとめ

「アウトソーシング」は社外に請け負わせていて、「派遣」は社外から社員を受け入れていて、2つの言葉は意味が異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典