スポンサーリンク

「アカシア」と「ミモザ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アカシア」と「ミモザ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アカシア」「ミモザ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アカシア」とは?

「アカシア」というと、一般的には「ニセアカシア」のことを指します。

白い花が房状に連なって咲く、マメ科の植物です。

背が高く成長するため、街路樹に用いられることがあります。

日本において、元々は外来種でしたが、生育のしやすさから緑化事業に使われ、数を増やしました。

花の形が藤に似ていることから園芸でも人気がある他、癖のないまろやかな味のハチミツが取れることから、養蜂にもよく利用されています。

花は四月から五月にかけてが見頃で、柔らかく優しく香ります。

「アカシア」の他に、「アカシヤ」「アカシャ」「アケイシャ」と表記されることがあります。

「ミモザ」とは?

「ミモザ」とは、「フサアカシア」「ギンヨウアカシア」のことです。

両方とも、黄色い花を房状に咲かせるマメ科の植物です。

「ミモザ」という言葉はもともとオジギソウの英名でしたが、「ギンヨウアカシア」の葉がオジギソウの形によく似ていたため、「ミモザアカシア」と愛称が付きました。

この「ミモザアカシア」を縮めて、「ミモザ」と呼ぶようになりました。

「フサアカシア」「ギンヨウアカシア」とよく似ている種類のアカシアのため、日本では「フサアカシア」「ミモザ」と呼ぶことがあります。

「フサアカシア」の花の見頃は二月、「ギンヨウアカシア」は三月から四月です。

「アカシア」と「ミモザ」の違い

「アカシア」「ミモザ」の違いを、分かりやすく解説します。

「アカシア」「ミモザ」もマメ科の植物で、木の枝から房状に連なって花が咲きます。

見た目は似ていますが、「アカシア」の花は白、「ミモザ」の花は黄、と覚えるとよいでしょう。

「ミモザ」の花は鮮やかな黄色で、「ミモザイエロー」という色の語源にもなっています。

開花時期にも違いがあります。

「ミモザ」の花は二月から四月にかけて咲きます。

「アカシア」の花は四月から五月にかけてが見頃です。

花の香りも異なっており、「ミモザ」の香りは強く、香水にも利用されています。

「アカシア」はふんわりと弱く、優しい香り立ちです。

まとめ

「アカシア」の花の色は白です。

やわらかい香りで、春から初夏にかけて咲きます。

「ミモザ」の花の色は黄色です。

華々しい香り立ちで、冬の終わりから春にかけて咲きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典