「アガー」と「ゼラチン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「アガー」と「ゼラチン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アガー」「ゼラチン」の違いを分かりやすく説明していきます。

「アガー」とは?

「アガー」とは、海藻が原料で、ゼリー、水ようかん、プリンなどを作る時に使います。

簡単に覚えるならば「植物性のゼリーの素」となります。

透明度が高く、無味無臭ですので、例えば水ゼリーなどにもおすすめです。

水ゼリーは介護が必要な方などに重宝されるものでもあります。

「ゼラチン」とは?

「ゼラチン」とは牛や豚などの骨、皮に含まれているコラーゲンが原料で、ゼリー、ムース、ババロアなどを作る際に使います。

弾力、粘性が強く、柔らかくて、ぷるんとした食感が特徴です。

常温では溶けてしまいますので、冷やし固め、早目に食べる必要があります。

「ゼラチン」の量を増やして固めますと、いくらか固めの食感に調節することもできます。

「アガー」と「ゼラチン」の違い!

「アガー」「ゼラチン」の違いを、分かりやすく解説します。

どちらもゼリーなど「固める」時に使うという共通点があります。

ですが、原材料、食感、見た目などに違いがありますので、作りたいものに合わせて使い分けるといいでしょう。

「アガー」とは、あまり聞き慣れないという人もいるかもしれませんが、海藻、マメ科の種子などが原材料で「植物性」のものです。

「ゼラチン」「寒天」などと比較しますと、一番透明度が高く、素材の色を活かしたい時に最適と言えるでしょう。

無味無臭、常温でも溶けないという性質がありますので水ゼリーなどを作る時は「アガー」を使います。

一方の「ゼラチン」とは牛や豚の骨、皮に含まれているコラーゲンからできている「動物性」のものです。

常温で溶けるという性質がありますので「アガー」「寒天」と比べて、一番口溶けがいいのが大きな特徴です。

ムース、マシュマロといったお菓子の「ふわふわ」とした食感を出すことができます。

注意点は「ゼラチン」アレルギーです。

簡単に覚えるのであれば「アガーは植物性、常温でも溶けない、無味無臭」「ゼラチンは動物性、常温で溶ける、口溶けが良い、アレルギーに注意」となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「アガー」「ゼラチン」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの特徴を理解して、ふさわしいものを選び使うようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典