スポンサーリンク

「アシスタント」と「見習い」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アシスタント」と「見習い」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事に慣れて一人で業務をこなす人も世の中には大勢いますが、そうでない人も多いものです。

仕事に慣れておらず手伝いをしている人が「アシスタント」「見習い」だと思っている方もいますが、実際にはそうとも限りません。

この記事では、「アシスタント」「見習い」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アシスタント」とは?

「アシスタント」とは、補助や補佐をする人、助手のことを指す言葉です。

主に仕事や業務の手伝いや補助をする人のことを指しますが、日常生活を補助する「アシスタント」もいるので、仕事の手伝いをする人だけとは限りません。

「アシスタント」は補助者や補佐という意味の英語が由来であり、ビジネス的には言葉通り、補助することが仕事というポジションの人を指します。

どれだけ慣れていても一人ではこなせない業務はあるものなので、そう言った仕事においては「アシスタント」専門のスタッフも珍しいものではなく、長年「アシスタント」として働いている人も多いです。

職歴が長い短いか、その仕事に慣れているか否かに関わらず、補助の役割を受け持つ人を「アシスタント」と呼びます。

「見習い」とは?

「見習い」とはその仕事や業務、技術を覚えるために、その仕事や作業をしている所を見て覚えることや、そうしている人です。

その仕事をした経験や、知識や技術がない人が、すでにその仕事ができる人に付き、実際にどう仕事をすればいいのかを見て学び、やり方を覚えたら指導者が見ている前で試しに挑戦するなどの方法で仕事を覚えるのが「見習い」になります。

「見習い」と呼ばれる人は基本的に職歴が短く、仕事の面で未熟な人です。

上達が遅くいつまでも「見習い」と呼ばれる人、同業から転職して技術も知識も問題ないものの入社間もないから「見習い」と呼ばれる人もいますが、長く努めていて仕事もちゃんとできる人は「見習い」と呼ばれません。

「アシスタント」と「見習い」の違い

「アシスタント」「見習い」はするべきことやスタッフとしてのポジションが違い、どちらも誰かの仕事を手伝うことがありますが、その理由は全く別です。

「アシスタント」は仕事の補助をすることが役割なので、その役目を果たすために仕事の補助をします。

「見習い」はその仕事を手伝うことで、その仕事を近くで見て学び、理解を深めるために仕事の手伝いをすることはありますが、あくまで仕事を覚えるために補助しているのであって、補助することが仕事ではありません。

また「見習い」は経験が薄い、技術が未熟、あるいはその両方が理由で「見習い」をしている事がほとんどです。

しかし「アシスタント」は経験豊富で、技術も知識も十分身に付けている人もいます。

まとめ

「見習い」はその仕事に不慣れという理由で「見習い」をしている人が多いですが、「アシスタント」は仕事に慣れていてやり方も知っていても、あえて補助役に徹している人も少なくありません。

「アシスタント」だからといって補助しかできない人として扱ってしまうと、諍いの原因になるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典