スポンサーリンク

「アドバイザリー」と「アドバイザー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アドバイザリー」と「アドバイザー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アドバイザリー」「アドバイザー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アドバイザリー」とは?

「アドバイザリー」とは、「企業に対して専門的な知識・経験に基づく適切なアドバイスをする業務およびその業務に従事している人材」のことを意味している経営用語です。

「アドバイザリー」という用語は、「企業・組織(団体)に対して、求められているアドバイス(助言・忠告)をする業務・人材」を意味しているのです。

「アドバイザー」とは?

「アドバイザー」とは、「その人・組織が抱えている問題・悩みに見合ったアドバイス(助言・忠告)をしてくれる人やその役割」のことを意味している言葉です。

「アドバイザー」という用語は、「広義の助言者・忠告者」「企業・組織の相談に乗る(必要な情報を提供する)役職である顧問」のことを意味しているのです。

「アドバイザリー」と「アドバイザー」の違い!

「アドバイザリー」「アドバイザー」の違いを、分かりやすく解説します。

「アドバイザリー」「アドバイザー」はどちらも「アドバイス(助言・忠告)をする人」という基本的な意味合いを持っていますが、「アドバイザリー」という用語は「企業の組織運営・人材管理・経営などに対して適切なアドバイス(助言・忠告)をすることを業務にしている人やその業務」を意味しています。

「アドバイザリー」に対して「アドバイザー」のほうは、「(必ずしも業務として携わっているとは限らない)より広い意味での助言者・忠告者」「企業・組織の相談役となる顧問」のことを意味している違いがあります。

まとめ

「アドバイザリー」「アドバイザー」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「アドバイザリー」とは「企業に対して知識・経験に基づく適切なアドバイスをする業務やその業務を担っている人材」を意味していて、「アドバイザー」「その人(組織)に見合った助言・忠告をする人、助言者や顧問」を意味している違いがあります。

「アドバイザリー」「アドバイザー」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典