「アドバイス」と「指摘」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アドバイス」と「指摘」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「指摘」「アドバイス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「指摘」とは?

「指摘」の意味と使い方について紹介します。

「指摘」の意味

「指摘」「してき」と読みます。

意味は「大切な点や注すべき点を、具体的に取り上げて示すこと」です。

「指摘」の使い方

「指摘」は、あるものごとの中から、重要な点や、欠点や過失などに当たるものを具体的に取り上げて、示すことを言います。

「指摘を受ける」は、大切な点や注意すべき点を、相手から言われた時に使います。

必ずしも悪い意味とは限らず、特に注目するべき点を取り上げることもあります。

「指摘」は、問題点がある時などに示すことを言い、どの様に改善させるべきかなど助言するという意味までは含まれません。

ただし、「指摘した」の後に「助言する」という行為が続くことが多くなります。

「アドバイス」とは?

「アドバイス」の意味と使い方について紹介します。

「アドバイス」の意味

「アドバイス」は、「相手の役に立つ忠告や助言をすること」という意味です。

「アドバイス」の使い方

「アドバイス」は、相手の為になることを提案して、良い結果になる様に導いてあげることを言います。

相手から相談を受けたり、問題を抱えている時などに、相手の役に立つことを教え諭してあげる時の表現です。

「アドバイス」は英語の“advice”が日本語化した言葉で「助言」という意味です。

相手の状況がより良くなる為に、「どこが悪くてどうするべきか」などと、具体的なアイデアを教えてあげることまで含まれます。

「指摘」と「アドバイス」の違い!

「指摘」「大切な点や問題点を取り上げて示すこと」です。

「アドバイス」「相手の役に立つ忠告や助言をすること」です。

まとめ

今回は「指摘」「アドバイス」の違いをお伝えしました。

「指摘は取り上げて示す」「アドバイスは相手の役に立つ助言をする」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典