スポンサーリンク

「アドリブ」と「即興演奏」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アドリブ」と「即興演奏」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、アドリブと即興演奏の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

アドリブとは?

アドリブとは、台本や決められた台詞などはなく、気の向くまま自分の中で思いついたことを発することを意味しています。

気ままに思いつくまま人前で考えた言葉を話したり、動くのもアドリブになります。

よく使われるのがドラマの現場で、俳優が台本にはない自分で思いついたまま話すアドリブを披露し、その場を盛り上げることがあり、視聴者を引きつけます。

また、芸人がアドリブで話しながらストーリーが展開する番組ではハラハラしつつも芸人の才能が開花し、視聴者を虜にするのです。

楽器演奏者であれば、その場の空気が沈んでいるときはアドリブで明るい音楽を弾き、舞台役者ならより観客が引き込まれる世界を作るためにアドリブで迫真の演技で独特な世界観を生み出します。

即興演奏とは?

即興演奏とは、楽譜を見ずに閃いた音楽を即興で演奏することを意味しています。

楽譜にはない音楽をバイオリンやピアノ、トランペットなどの楽器で演奏してみせて、そこにいる人たちを感動させ、惹きつける即興演奏ができる人はうまく編集しながら演奏ができる腕前を持ちます。

その場の空気を読むこともうまいので、人々が楽しい気分でいればクラシックをアイドルのポップミュージック風に演奏したり、切ない人がいればしっとりしたバラード調の音楽を演奏。

プロが集まる即興演奏では、ジャズや民族音楽でも鍵盤楽器を使ってその場で作曲した演奏を披露しています。

YouTubeではピアノでCMの音楽を即興で演奏している様子を動画でアップしています。

学校でも即興演奏ができるような演奏家を育てるカリキュラムを取り入れるなどして、より自由に即興ができる人を育てるのです。

アドリブと即興演奏の違い

アドリブと即興演奏の違いを、分かりやすく解説します。

演奏だけではなく、演技や語りなど幅広く使えるのが、アドリブでその場で自分が考えた演奏の仕方で音楽を演奏するのが即興演奏という違いがあります。

アドリブの例文

・『このクイズ番組はMCのアドリブが面白い』
・『ドラマの撮影でいきなり俳優がアドリブで演技したのが驚いた』

クイズ番組の司会者は、アドリブを言うところが出演している出演者と視聴者を楽しい雰囲気にするところが腕の見せ所です。

そんなにおどけたことをするような人ではないのに、ドラマ撮影でアドリブを発したところに驚き、好感を持ちます。

即興演奏の例文

・『クラシックのコンサートでいきなり即興演奏を披露して楽しかった』
・『私はその場の雰囲気を明るくするために即興演奏でみんなを笑顔にした』
クラシックのコンサートに行ったら演奏家がいきなりいつもは聞けない曲を披露してくれたことに驚き、嬉しいと思うものです。

また、雰囲気が暗いなと感じたとき、明るくするために楽しい音楽を演奏するとその場にいる人を笑顔にします。

まとめ

いきなり予定にはない演技や演奏すると人々は驚き、嬉しい気持ちになります。

即興演奏する人は周囲がどのような気持ちでいるのか読み取り、どんな曲を選び、どう披露すれば楽しい気持ちにできるか考えてから演奏すれば、人々を笑顔にしたり、感動させられるのです。

パントマイムや笛など自分ができるもので人を楽しませてみるといいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典