「アナウンサー」と「キャスター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「アナウンサー」と「キャスター」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アナウンサー」「キャスター」の違いを分かりやすく説明していきます。

「アナウンサー」とは?

「アナウンサー」の意味と概要について紹介します。

「アナウンサー」の意味

「アナウンサー」は、「テレビやラジオで、原稿の通りに情報を読み伝える職業のこと」です。

「アナウンサー」の概要

「アナウンサー」は、ニュースや説明などの情報を、原稿の通りに正確に読んで伝える職業のことを言います。

英語の“announce”から来ていて、「発表する」「知らせる」という意味です。

「アナウンサー」は、与えられた原稿を正確に、しかも聞き間違いのない様に明確な発音で伝えなければなりません。

ニュース番組だけではなく、ドラマのナレーションや、スポーツの実況中継などにも活躍の場があります。

「アナウンサー」は職業名であり、特に最近では女性アナウンサーのことを「女子アナ」と呼んでいます。

ちなみに、男女関係なく「アナウンサー」には局に雇用されている「局アナ」と、独立して活躍している「フリーアナ」がいます。

「キャスター」とは?

「キャスター」の意味と概要について紹介します。

「キャスター」の意味

「キャスター」とは、「ニュースに独自の視点を盛り込み、視聴者に分り易く伝える役割のこと」です。

「キャスター」の概要

「キャスター」は、あるニュースを独自の視点から見て、視聴者に分り易く伝える役割のことを言います。

ニュースを正確に読むだけではなく、自分の見解なども含めて伝えられます。

「キャスター」は番組における役割のこで、「アナウンサー」「キャスター」を努めることもあれば、芸能人やジャーナリストなどが「キャスター」を担当することもあります。

尚、「キャスター」は和製英語で、英語では「アンカーパーソン」「プレゼンター」と言います。

「アナウンサー」と「キャスター」の違い!

「アナウンサー」「原稿の通りに正確に情報を伝える職業」です。

「キャスター」「原稿に独自の解説を含めて情報をわかりやすく伝える役割」です。

まとめ

今回は「アナウンサー」「キャスター」の違いをお伝えしました。

「アナウンサーは正確性重視」「キャスターは独自の視点から伝える」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典