スポンサーリンク

「アナリスト」と「ジャーナリスト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アナリスト」と「ジャーナリスト」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アナリスト」「ジャーナリスト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アナリスト」とは?

「アナリスト」とは、「証券・軍事・政治など特定の専門分野の知識・情報・動静を分析して他者にアドバイスする職種・役割」を意味しています。

「アナリスト」「特定分野の高度な専門知識・分析能力・情報源を持っている専門家」のことで、「証券アナリスト・フードアナリスト」などのアナリストの民間資格もあります。

「ジャーナリスト」とは?

「ジャーナリスト」とは、「新聞社・出版社などに所属して、時事問題・政治問題などを徹底的に取材して自らの見解を解説・論説(報道)する人・報道人の役割」を意味しています。

「ジャーナリスト」には特別な資格などは存在せず、何らかのメディアで自説を公表していれば自称することができますが、基本的には新聞社・雑誌出版社などの報道機関に所属している人が多くなっています。

「アナリスト」と「ジャーナリスト」の違い!

「アナリスト」「ジャーナリスト」の違いを、分かりやすく解説します。

「アナリスト」「ジャーナリスト」は言葉の響きは似ていますが、実際にはまったく異なる職種・役割になります。

「アナリスト」「特定分野の高度な専門知識と分析能力、リソース(情報源)を持つ専門家で、依頼者にアドバイスを行う者」ですが、「ジャーナリスト」のほうは「新聞社・出版社などに所属して、時事問題について自ら徹底的な取材活動を行って自分の見解を解説・報道する者(特定分野の専門家ではなく報道人)」を意味している違いがあります。

まとめ

「アナリスト」「ジャーナリスト」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「アナリスト」とは「証券・フード・軍事など特定分野の専門家で高度な専門知識と分析能力を持っていて、他者にアドバイスする者」を意味していて、「ジャーナリスト」「主に時事問題・政治問題について自ら取材を徹底的に行って解説・報道する者」を意味している違いがあります。

「アナリスト」「ジャーナリスト」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典