「アナログ」と「デジタル」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「アナログ」と「デジタル」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アナログ」「デジタル」の違いを分かりやすく説明していきます。

「アナログ」とは?

「アナログ」の意味と概要について紹介します。

「アナログ」の意味

「アナログ」とは「物質やシステムなどの状態を、連続的に変化する物理量によって表現すること」です。

「アナログ」の概要

「アナログ」は、英語の“analog”を日本語化した言葉で、元の意味は「データを、連続的に変化する量で表すこと」です。

言葉で説明すると難しいのですが、「アナログ時計」と言うと分かり易いでしょう。

「アナログ時計」は、文字盤の上を針が回転することで時間を刻む、昔からの時計のことです。

「アナログ時計」の針は、常に動きながらその時の時刻を表示します。

この状態を「連続的に変化する量」と言うのです。

ここから転じて「アナログ人間」は、「時代遅れでパソコン機器が使いこなせない人」という意味で使われています。

「デジタル」とは?

「デジタル」の意味と概要について紹介します。

「デジタル」の意味

「デジタル」とは「連続的な量を、段階的に区切って表現すること」「測定値やコンピュータの計算結果を、数字で表すこと」です。

「デジタル」の概要

「デジタル」は、英語の“digital”が日本語化した言葉で、元の意味は「連続したデータを段階的に区切って数字で表示すること」です。

「デジタル」では2進法が使われ、データを「0と1」に変換して処理をする方法が取られています。

「デジタル時計」は、時刻の表示が数字になっています。

時間を刻む時には連続して何かが動いている訳ではなく、独立して数字が表示されるのです。

ここから転じて「デジタル人間」は、機械に強く論理的思考が得意なのことを表します。

「アナログ」と「デジタル」の違い!

「アナログ」「連続的に変化する物理量によって表現すること」です。

「デジタル」「連続的な量を、段階的に区切って表現すること」です。

まとめ

今回は「アナログ」「デジタル」の違いをお伝えしました。

「アナログはコツコツ積み重ね」「デジタルは分離的」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典