「アニョハセヨ」と「アニョハシムニカ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「アニョハセヨ」と「アニョハシムニカ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「アニョハセヨ」「アニョハシムニカ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「アニョハセヨ」とは?

「アニョハセヨ」とは韓国語で「朝・昼・晩のどの時間帯にも使えるあいさつの言葉」を意味していますが、元々の文章の意味は「元気ですか?」の疑問形になっています。

「アニョハセヨ」の韓国語としての正しい表記は「アンニョンハセヨ」になりますが、弱い子音の「ン」は日本人にはあまり聞こえません。

「アニョハセヨ」の語源的な意味は、「アンニョン」「安寧・無事・安らか」にあります。

韓国語の「アニョハセヨ」「おはようございます・こんにちは・こんばんは」の意味を持っていて、どの時間帯にも使用できるある程度丁寧な言葉になります。

「アニョハシムニカ」とは?

「アニョハシムニカ」とは韓国語で「朝・昼・晩のどの時間帯にも使えるあいさつの敬語」を意味する言葉で、「自分よりも目上の人(先輩・上司・高齢者など)」に対して使われます。

「アニョハシムニカ」の意味そのものは「アニョハセヨ」と同じですが、「元気ですか?」よりもかしこまった敬語の表現になるので、「お元気にされていますか?」といったニュアンスを持っています。

「アニョハシムニカ」の韓国語としての正しい表記は「アンニョンハシムニカ」になりますが、敬意をこめたあいさつの言葉として使われます。

「アニョハセヨ」と「アニョハシムニカ」の違い!

「アニョハセヨ」「アニョハシムニカ」の違いを、分かりやすく解説します。

「アニョハセヨ」「アニョハシムニカ」はどちらも「朝・昼・晩のどの時間にも使用できるあいさつの言葉」を意味していますが、「アニョハセヨ」「少し丁寧なあいさつの言葉」で、「アニョハシムニカ」「目上の人に対する敬語としての意味合いを持つあいさつの言葉」であるという違いがあります。

「アニョハセヨ」「誰に対しても使える無難なあいさつの言葉」を意味していて、「アニョハシムニカ」のほうは「自分よりも地位・立場・年齢が上の相手に対して特別に敬意・尊敬の念を伝えたいときに使うあいさつの言葉(敬語としてのあいさつの言葉)」を意味しているという違いを指摘することができます。

まとめ

「アニョハセヨ」「アニョハシムニカ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「アニョハセヨ」とは「朝・昼・晩のどの時間帯にも使えるあいさつの言葉」を意味していて、「アニョハシムニカ」「目上の人(年上の人・敬意を伝えたい相手・尊敬している相手)に対して使うあいさつの言葉」を意味している違いがあります。

「アニョハセヨ」「アニョハシムニカ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典